スタニングルアー(STUNNING LURE)、  パリ最高級のフレーバーティーを販売

PR TIMES / 2013年11月22日 14時30分

青山に旗艦店を持つ『STUNNING LURE(スタニングルアー)』が青山店とグランフロント大阪店で、パリでナンバーワンとしても評されるフレーバーティー『BETJEMAN & BARTON(ベッシュマン&バートン)』の11月29日(金)発売開始します。



青山に旗艦店を持つ『STUNNING LURE(スタニングルアー)』が青山店とグランフロント大阪店で、パリでナンバーワンとしても評されるフレーバーティー『BETJEMAN & BARTON(ベッシュマン&バートン)』の取り扱いおよび販売を開始します。

『BETJEMAN & BARTON(ベッシュマン&バートン)』は、英国で紅茶を学んだアーサー・ベッシュマンが1919年パリに専門店を構えたのが始まり。オリジナリティに溢れ、品質の高さが評判を呼んでいます。現在は5星ホテルや有名レストランで採用され、トップクラスのお客様に愛され続けている。

スタニングルアーは、「紅茶缶と茶葉をセットにしたギフトボックス(税込み4200円)」と、「ティーバッグ(税込み1764円)」を取り扱う。紅茶の種類は、ギフトボックスではアールグレイフィネスト、4フルーツルージュの2種類、ティーバッグではアールグレイフィネスト、レクラシックの2種類を取り扱う。また、ギフトボックスの紅茶缶は日本での取り扱いのない限定カラー「あざかやなピンク」と、「シックなブルー」で、11月29日(金)より青山店とグランフロント大阪店にて販売を開始する。

青山店:東京都港区南青山5-6-5
グランフロント大阪店:大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 南館1F 

スタニングルアー全店では11月29日同日より、その他クリスマスアイテムも同時に販売開始する。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング