夏休みにおすすめ!2世代・3世代が一緒に楽しめる玩具のご紹介

PR TIMES / 2013年7月19日 16時27分

 ~ 「わごむパターンボード」「NEWスタディ将棋」「NEWたんぐらむ」 ~

いよいよ夏休み。お盆の帰省など、2世代・3世代で過ごす時間も増える季節です。そんなシチュエーションに大活躍!親子で遊んだり、祖父母と孫が一緒に楽しむことができる、くもんの知育玩具をご紹介します。



1)祖父母にもおすすめ! “手指を使いながら考える”遊びが楽しめる
◆「わごむパターンボード」◆ 
希望小売価格:2,625円(税込)対象年齢:3歳以上

●商品情報
 日本おもちゃ大賞2013エデュケーショナル・トイ部門「大賞」受賞、
 ならびに「グッド・トイ2013」にも選定された知育玩具。
 輪ゴムをピンにかけることで、様々な形をつくることができ、遊びながら創造性や形の感覚を育てます。
 ボードにさしこめる60パターンの作例どおりに作る遊びに加えて、
 6色9種類の輪ゴムで、自由に絵柄を作る遊びも楽しめます。

●おすすめポイント
・お子さまはもちろん、大人の方でも楽しめる玩具です。
・手指を使いながら考え、考えながら手指を使う遊びが存分に楽しめます。
・19ピンと81ピン、2つのボードと、そこにさしこんで同じ絵柄を作ることができるパターンカード
(各ボードに30例ずつ)がついているなど、ステップアップして遊べるようになっています。
・「できた!」という達成感の積み重ねが、いろいろなことに挑戦する意欲を育みます。

~お客様の声から~
「指先を使って、たくさん考えながら、集中して遊べる」
「親や祖父母にとっても、遊びがいい脳トレになる」
「19ピンと81ピン、2つのボードが入っているので、兄弟や親子で一緒に遊ぶことができて良い」


2)祖父母とのコミュニケーションにも最適!
◆「NEWスタディ将棋」◆ 
希望小売価格:3,360円(税込)対象年齢:5歳以上

●商品情報
 初心者でもすぐに遊べるよう、駒そのものに、動かせる方向が示されている将棋。
 ルールを覚え始めの子どもたちや初心者の方でもすぐに遊ぶことができます。
 友達や親子、祖父母とお孫さんのコミュニケーションにも役立ちます。公益社団法人日本将棋連盟監修。

●おすすめポイント
・子どもたちの間で、「将棋」が継続的なブームとなっています。
・将棋は思考力、判断力、先をよむ力など、さまざまな力を養うことができると言われています。
・将棋盤をはさんで向き合う相手との空間は、貴重なコミュニケーションの場。普段は話しにくい内容でも、
 将棋を間に自然な会話がはずむかもしれません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング