-社長(副社長)・取締役 経営人材調査- 「経営者に求める能力」 社長は“守り”、取締役は“攻め” と意識差

PR TIMES / 2013年3月27日 14時17分

~社長は「課題解決力」、取締役は「戦略提言力」を重視~



 経営層・エグゼクティブ層に特化した人材紹介サービス事業を展開する株式会社リクルートエグゼクティブエージェント(東京都中央区 代表取締役社長:波戸内啓介)は、2013年2月に、従業員数100人以上が在籍する企業の社長クラス100人(社長、副社長)、取締役クラス400人に対して、「経営者に求める能力に関する調査」を実施しました。この度調査結果がまとまりましたので、一部を抜粋してご報告申しあげます。

■経営者に求める能力に関して

・ 社長、副社長が経営者に求める能力トップ3:
リーダーシップ(60%)、決断力(46%)、課題解決力(36%)
・取締役クラスが経営者に求める能力トップ3 :
リーダーシップ(58.5%)、決断力(52.8%)、戦略提言力(35.3%)

 社長・副社長と取締役クラスともにリーダーシップ、決断力が1位、2位となりました。違いが出たのは、3位の課題解決力(社長・副社長)と戦略提言力(取締役クラス)。(参照図1.)社長・副社長が課題を解決していく“守り”を後継者の能力として重視しているのに対して、取締役クラスは将来のビジョン、施策などを示せる“攻め”の能力を自身の会社の経営者に求めていることが分かりました。


■図: .社長、副社長&取締役クラスが経営者に求める能力に関して


■上記の調査結果に関して ―リクルートエグゼクティブエージェント マーケティング担当者―

 「 社長・副社長・取締役ともに、経営者に求める能力として、リーダーシップをあげているのが特徴的です。日本企業のグローバル化をどのように実現するのかといった、今までとは異なる経営課題を抱える企業が多い中、変化をリードする経営者像が求められていることが見て取れます。 」

■ 参考資料:

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査対象:従業員数100人以上が在籍する企業社長クラス100人(社長、副社長)、取締役クラス400人
実査期間:2013 年2月16日~2月18日
調査目的:社長と取締役の意識実態を明らかにする

■ コラム1.:社長・役員が選んだ「家電業界を立て直せると思う経営者」は、稲盛氏
・家電業界を立て直せると思う有名経営者トップ3 :
 稲盛 和夫氏(41.6%)、孫 正義氏(41.2%)、柳井 正氏(23.4%)
・稲森氏を選んだ理由:
 「不振事業を立て直した実績があるから」( 84.5%)、「施策の実行力がありそうだから」 (45.1%)
・孫氏を選んだ理由:
 「施策の実行力がありそうだから」(83.2%)、「不振原因の分析能力に長けていそうだから」(40.9%)


■ コラム2.:社長を含めた役員の5人に1人は転職意向


社長・副社長と取締役クラス(n=500)に「転職意向」について聞いたところ、「すぐに転職したい」「いずれ転職したい」を合わせると、転職意向がある人は、21.4%(5人に1人は転職意向がある)に達しました。


■ コラム3.:調査モニター500人中、女性役員は9人


今回の調査は、従業員数100人以上が在籍する企業の社長、副社長、取締役クラス500人を対象(取締役クラス:400ss /社長クラス: 100ss )に実施しましたが、女性の取締役クラスはわずか9人で、社長・副社長に至っては、0人でした。


リクルートエグゼクティブエージェントではこれからも、ひとりひとりにあった「まだ、ここにない、出会い。」を届けることを目指していきます。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング