記録的な猛暑の後は、夏バテが長期化!?『秋バテ』に注意!

PR TIMES / 2013年8月30日 12時49分

「秋バテ対策」は、「じんわり温め」と「ゆったりリラックス」

監修:渡邉賀子先生(麻布ミューズクリニック名誉院長)

「血めぐり研究会 supported by Kao」が、2013年6月に首都圏在住の20~50代の女性を対象に実施
した調査(※)によると、半数以上(55.7%)の女性が、夏に「身体の不調」を感じていることが分かりました
【グラフ1.】。



また、不調の種類として、半数以上の方が「だるさ・倦怠感」、「疲労(疲れが取れない)」、「冷え」、「発汗」、「睡眠不調」、「胃腸の不調」、「頭痛」などの症状を挙げており【グラフ2.】、原因として「暑さ」に続いて「屋内と屋外の気温差」、「冷房による冷え」、「冷たい飲食物の摂り過ぎ」が多数見受けられました【グラフ3.】。このことから夏の不調は、猛暑の影響や、その回避の弊害としての「冷え」によっても多いことが分かります。


■夏の不調をほうっておくと、深刻な「秋バテ」につながることも!

 

 この結果について、血めぐり研究会 主任研究員の渡邉賀子先生は、「『夏バテ』とは、夏の暑さで、体力や食欲が低下することにより、疲れやだるさなどの不調が現れる、いわゆる『暑気あたり』で、通常は暑さが一段落して、過ごしやすくなる秋口には不調の症状は回復します。しかし近年、夏の間に冷房や冷たい物の摂り過ぎで身体を冷やすことにより、自律神経のバランスが乱れ、秋になって不調が出てくる、いわゆる『秋バテ』を訴える人が増加しています」と述べています。


■「秋バテ」は、「内臓冷えタイプ」と「冷房冷えタイプ」の2タイプ


 近年の「秋バテ」タイプは、夏の生活習慣により、2つのタイプに分類されます(表)。1つめは、記録的な猛暑により、社会問題にも上った熱中症対策のため、冷たいものを摂りすぎた「内臓冷え」タイプ。2つめは、連日のうだる様な暑さを避けるため、冷房の効いた室内で長時間過ごした「冷房冷え」タイプです。暑いはずの夏に身体を内外から冷やしてしまった結果、全身の血めぐりが悪くなることで「秋バテ」が起こりやすくなり、2つのタイプが同時に起こることも多いのです。(参照 表:2つの「秋バテ」タイプとメカニズム)


■「秋バテ」対策は、「じんわり温め」&「リラックス」


 「秋バテ」対策には、身体を「じんわり温める」ことで、血めぐりを良くし、身体の疲れやだるさ、こりの蓄積を防ぐことが大切です。さらに、副交感神経が優位になるような「リラックス」法で、心と身体をゆっくりと休ませることをお奨めします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング