シーメンス最新補聴器「binaxシリーズ」2014年11月11(火)発売開始

PR TIMES / 2014年11月11日 11時53分

人間の耳を超えた!?スーパーナチュラルヒヤリング

シーメンス ヒヤリング インスツルメンツ株式会社(通称:シーメンス補聴器 本社:神奈川県相模原市、代表取締役社長:ベルント・ウェーバー)は、脳の聴覚メカニズムの研究を重ねて誕生した最新補聴器、「binax(バイナックス)シリーズ」を11月11日(火)より全国のシーメンス補聴器取り扱い専門店、眼鏡店、百貨店などで発売します。



「binaxシリーズ」は、両耳通信システムによって実現したバーチャル8マイクで「聞きたい音声をより聞きやすく」します。臨床試験では、binaxを使用した難聴者と健聴者を比較して、「雑音が多いという条件の悪い環境下においても、難聴者の方が健聴者より聞き取りが優位」になることが実証(*)された補聴器になります。これまでの補聴器では、音を増幅する際に雑音までも拾いすぎてしまうことがしばしば問題となっておりましたが、これを大きく軽減し、より自然な聞こえを実現しています。 
(*)参考資料を参照

また、テレビ・オーディオ機器はもちろん、iPhone・Android、どちらのスマートフォンでも操作ができるなど、周辺機器との連動も可能となっています。

これまで日本の補聴器普及率は欧米諸国の半分以下、また補聴器に対する満足度も同じく欧米諸国の半分以下(※) となっており、また両耳での補聴器の使用率は著しく低い状況にあります。

4人に1人が65歳以上の超高齢社会を迎える今、「binaxシリーズ」は高齢者のより豊かな生活に貢献する画期的な製品です。
(※)出典:「JapanTrak2012」一般社団法人 日本補聴器工業会

< 新製品概要共通>
発売日 : 2014 年11 月11 日(火)
取扱店 : 全国の補聴器専門店、眼鏡店、百貨店など、シーメンス補聴器取り扱い専門店

< binaxシリーズ概要>


シーメンスは2004年に業界初のe2e技術を使用し、ボリューム、プログラム設定の操作性を同期した、指向性マイク搭載の補聴器を発売しました。今回、このe2eワイヤレスをさらに進化させた「binaxプラットフォーム」技術では、両耳の補聴器間で音声信号の通信が可能となり、4つのマイク(各補聴器につき2個。両耳装用の場合×2)で8つのマイクと同じ音響効果を得ることを実現しました。その結果、これまでの補聴器の最大の課題(聞き取るために音量を上げると、聴きたくない音まで耳に入ってきて疲れる)を解決すべく、「聞きとり」と「聞き心地」の両立を高いレベルで実現。また飛躍的に向上した処理能力(従来品の120%以上)により、一人ひとりのニーズや好みに合わせた細かな音の調整が可能になりました。これらの新技術は2か所の独立した研究機関による臨床試験によって検証され、多くの人が話す補聴器にとって困難な環境下で「必要な音声の聞き取りが、健聴者に勝るとも劣らない」ことが実証(*)されました。
(*)参考資料を参照

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング