「保育施設に通う乳幼児の健康とRSウイルス感染症」に関する意識調査

PR TIMES / 2014年8月22日 12時14分

―RSウイルス感染症のさらなる啓発と家庭での基本的な感染症対策の徹底が予防のカギ―

アッヴィ合同会社(本社:東京都港区、社長:出口恭子)は、本年7月、全国の保育園に子ども*を預けている母親515名、保育園に子ども*を預けていない母親515名を対象に、「保育施設に通う乳幼児の健康とRSウイルス感染症」(監修:峯小児科医院 院長 峯 真人 先生)に関するオンライン調査を実施しました。調査の結果は以下の通り。



【調査結果】

1. 乳幼児の母親の間で、RSウイルス感染症への認知・理解は十分ではなく、「流行前から」の感染症のリスクとその対策に関する注意喚起を行う必要性が示唆された。

・約7割の母親はRSウイルス感染症がどのような感染症であるか知らない。(別紙: グラフ1)

・RSウイルス感染症について詳細な情報提供をしたところ、約9割の母親がRSウイルス感染症の「流行が始まる前」に注意を促す情報を得たいと回答した。(別紙: グラフ2)

<グラフ1>
Q: あなたは「RSウイルス感染症」をご存知ですか?

<グラフ2>
Q: (RSウイルス感染症に関する説明文提示後)RSウイルス感染症について注意を促す情報を得たいと思いましたか? 「得たいと思う」方は、いつ頃から情報を得たいか、時期についてもお答えください。


2. 乳幼児の家庭において、RSウイルス感染症対策にも有効な、基本的な感染症対策が十分に実践されていない可能性が示唆された。

・乳幼児の母親の約半数が「外から帰ったらしっかりと手洗いをさせる」、「自分や家族が風邪をひいたときには、室内でもマスクをする」などの対策を家庭で行っていない。(別紙: グラフ3)

・家庭で「正しい手洗い」を実践できているのは、約3割と非常に少ない。(別紙: グラフ4)

<グラフ3>
Q: あなたが同居している一番上のお子様の「感染症」予防で心がけていることをお選びください。(いくつでも)

<グラフ4>
Q: (「正しい手洗いの仕方」について提示後)手洗いについて、あてはまるものをお選び下さい。


3. 保育施設に子どもを預けている母親は、特に子どもの健康対策・感染症対策に日ごろから気を配る必要があることが示唆された。

・保育園に預けられている子どもは、預けられていない子どもに比べ、RSウイルス感染症を含む、感染症への罹患率が高い。(別紙: グラフ5)

・保育施設に子供を預けている母親の約2割が2週間に1回以上の頻度で子どもの体調の急変により、保育施設からお迎えを要望する連絡を受けている。(別紙: グラフ6)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング