ビジネス書では異例の発売1か月で9刷、10万部突破!創刊42年の月刊誌『致知』の1年半がかりの渾身作 

PR TIMES / 2021年1月21日 17時15分

コロナ禍、心を熱くする本で日本に活力を



●編集者の熱い思いから生まれた「仕事・生き方のバイブル」


[画像1: https://prtimes.jp/i/6547/5/resize/d6547-5-825790-8.jpg ]

「書籍の時代が終わった」とも言われるこの時代に、420ページ、2500円を超える本が大きな反響を呼んでいます。株式会社致知出版社(本社:東京都渋谷区/代表:藤尾秀昭)は、『1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書』を11月30日に上梓しました。

本書は、人がいかに生きるべきかを42年間追求し、のべ1万本以上の取材を行ってきた会員制月刊誌『致知』と刊行書籍の中から、心に刺さる話を選び抜いてまとめた1冊です。

「後世に残る言葉を、書籍として世に出したい」「『この雑誌だけは読み捨てられない…』と『致知』のバックナンバーを大切に保管している読者の喜ぶ本をつくりたい」という思いから担当編集者が発案し、編集長をはじめ編集部全員が総力をあげて、心に残る記事を精選。

稲盛和夫氏、王貞治氏、山中伸弥氏など、各界で活躍する人物の逸話を一日一話形式で読むことができるようまとめあげ、じつに1年半かけて完成を迎えました。

●発売前にアマゾンで総合1位!発売1か月で10万部突破!主要書店で完売店が相次ぐ

ビジネス書は1500円強のものでも1ヵ月で5000部売れれば好調と言われる昨今ですが、つくり手の熱い思いが伝わり、本書は予約受付の段階でアマゾンの総合1位を獲得。発売わずか1か月で10万部を突破するベストセラーとなりました。丸善丸の内本店では、篠田晃典店長が原稿を目にして200冊の先行販売を即決。わずか10日間で200冊に迫る冊数を販売し、ビジネスジャンルで2位を獲得。国内の主要書店でも続々と1~5位にランクインし、完売と追加注文を毎日いただいている状況です。

仕事術のみならず、各界第一人者一人ひとりの深い人生経験に根ざした生き方の哲学が味わえるのも本書の魅力。
文字が大きく200ページ足らずの安価な書籍が主流であるなか、つくり手も予測していなかったほど、全国の書店の売り場から喜びの声をいただいています。

コロナ禍にこそ求められる「本物の感動」「本物の学び」
424頁という分厚さに加え、定価も2500円超と、決して安価とはいえない書籍が、なぜこれほどまでに反響を呼んでいるのか。
人が真に学ぼうとするとき、向かうのは「本」ではないかと私たちは考えています。本書の制作ストーリーや裏話をはじめ、「本」という媒体に秘められた力や可能性について、ぜひ取り上げていただけたらと思います。
コロナ禍のいまだからこそ、人々の心を熱くする、本物の感動、本物の学びこそが、日本に大きな活力を与えるものと信じています。


◆読者の声

・各界の方々が、自らの経験を語っていただいています。“感謝”の気持ちに満たされる良書です。日めくりのように毎日読ませていただきます。
・有名、無名を問わず、どの方の言葉からも、感動、共感、生きるヒント、挑戦への勇気、仕事術などをいただきました。赤線を引かないページはありませんでした。これほど内容の充実した書籍に出会ったことはありません。
・本当に心熱くなるお話ばかりなので、次の日も頑張ろうと思いながら寝ることができています。今、毎晩寝る前に読んでいます。

・これだけの内容、ボリュームで2,350円は安すぎで、その倍しても買っていたと思う。

・こういう本を待っていました。コロナ期において多くの産業が厳しい経営を余儀なくされています。倒産する会社もあれば廃業する会社もあります。歴史の長い会社も例外ではありません。この本の中にはきっと生き延びられる重要なことが書かれていることでしょう。

・いつまで経っても流行り廃れすることない、道徳がここにあると感じます。

・1冊でこれほどの一流人達に出会える書籍が今まであっただろうか。それも良くみかける一言二言の名言集ではない。簡潔にまとめられた文章となって毎日一人、一流人から学ぶこの上ない幸せ。その考えに圧倒され、今日も頑張ろう!人生日々学びだなと思わせてくれます。元気が出ます!

・何度読んでも涙が止まらないー。たった1ページの中に熱いドラマがあり名言が詰まっている。

・どのページを開いてもすごい。そして実際に何度か泣いた。よくこれだけの話を集められたもんだと驚きました。


◆全国書店で続々ランクイン!!


・丸善全店 経済・ビジネス書第1位!(1/6~12)
・三省堂書店有楽町店 ビジネス書第1位!(12/22)
・紀伊國屋書店札幌本店週別ベストセラー第1位!(12/7~13)
・未来屋書店イオンモール鹿児島店ビジネス書第1位!(12/7~14)
・楽天ブックス( 人文・思想・社会日別ランキング〈宗教・倫理〉)第1位!(12/17)
・丸善日本橋店 ビジネス書 2週連続第1位!(12/17~30)
・啓文社ポートプラザ店 ビジネス書 第1位!(12/28~1/3)

◆2020年ブクログ年間ランキング第1位!(評価順)

[画像2: https://prtimes.jp/i/6547/5/resize/d6547-5-737292-7.png ]


━━━━━━━━━
7つのこだわり
━━━━━━━━━

1、一流プロ365人、超豪華ラインナップ
稲盛和夫氏、王貞治氏、井村雅代氏、山中伸弥氏、佐藤可士和氏……など、ジャンルを超越した豪華ラインナップ。『致知』だからこそ実現できた究極の仕事の教科書です。
[画像3: https://prtimes.jp/i/6547/5/resize/d6547-5-632815-6.jpg ]



2、全424頁、永久保存版
42年の歴史を持つ『致知』の1万本以上に及ぶ人物インタビューの中から、編集長と編集部が総力をあげてセレクトした傑作選。企画構想から制作まで丸1年半。深い思いが詰まった永久保存版です。

3、仕事力と人間力が身につく
各界第一線で活躍する方の深い人生体験に根ざした哲学も味わえることで、人間力も身につきます。

4、1日1話形式で、1年間読める
就寝前や出勤前の3分間ページを開くことで、確実に仕事のスキルアップ・人間力向上へとつながります。

5、胸が熱くなる感動秘話も満載
読めば思わず目頭が熱くなる感動ストーリー。思わず誰かに話したくなる話が満載で、会社の朝礼や幹部会議、結婚式等でのスピーチ、社員教育にも使えます。「ネタの宝庫」として活用度大。

6、『致知』読者でしか読めなかった記事を初公開
『致知』の記事は、これまで定期購読者でしか読むことができなかったものです。

7、幻の秘蔵記事も一挙集結


32歳当時の孫正義氏の記事「脳みそがちぎれるほど考えろ」や、伝説のアシックス創業者・鬼塚喜八郎氏など、貴重なインタビュー記事を一挙公開。取材当時の生々しい興奮や熱が伝わってきます。


■書籍情報
書名:「1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書」
監修:藤尾秀昭(ふじお ひであき)
定価:2,350円(+税)
発売日:11月30日(月)
出版社:致知出版社
ページ数:424ページ
特設ページ
https://www.chichi.co.jp/specials/proffesional365_202011

◆監修者略歴
藤尾秀昭(ふじお・ひであき)――昭和53年の創刊以来、月刊誌『致知』の編集に携わる。54年に編集長に就任。平成4年に致知出版社代表取締役社長に就任。現在、代表取締役社長兼編集長。『致知』は「人間学」をテーマに一貫した編集方針を貫いてきた雑誌で、平成30年、創刊40年を迎えた。有名無名を問わず、「一隅を照らす人々」に照準をあてた編集は、オンリーワンの雑誌として注目を集めている。

〔本件に関するお問い合わせ先〕
お問い合わせ 株式会社致知出版社 小森俊司
東京都渋谷区神宮前4-24-9
TEL:03-3796-2114 Email:komori@chichi.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング