住宅ローン残高“1兆5千億円突破”のお知らせ

PR TIMES / 2013年5月15日 9時34分

SBIモーゲージ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:円山 法昭)は、2013年4月で住宅ローン残高が1兆5千億円を突破しましたので、お知らせいたします。



当社は、2001年5月に日本初のモーゲージバンク(※1)として、インターネットチャネルを活用した全期間固定金利の住宅ローンの販売を開始いたしました。2007年2月には対面での相談を希望するお客様のニーズに応えるべく、対面型店舗の展開を開始し、今現在全国174店舗を展開しており、2012年10月には借り換えによるメリット金額を提示する「借り換えメリット査定サービス」を開始するなど、インターネットを活用した利便性の高い新サービスの開発にも注力しております。

その結果、住宅金融支援機構提携の【フラット35】融資実行件数において、全330金融機関中3年連続No.1(※2)のシェアを獲得、そして、2013年4月で住宅ローン残高が1兆5千億円突破を達成いたしました。

SBIモーゲージは、今後も全国の店舗網拡大と金融商品・サービスの拡充により、お客様一人一人に対して最適な金融商品を提供できる、「真のワンストップサービスの実現」を目指してまいります。


(※1)証券化を資金調達手段とした住宅ローン貸出専門の金融機関。
(※2)2012年4月~2013年3月における【フラット35】融資実行件数の合計。【フラット35(保証型)】を含む。SBIモーゲージ調べ。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング