2つの体内時計がズレる!?およそ7割の人に「朝食時差ボケ」の恐れあり 「朝食は重要と認識し毎日食べている」人が多い反面、栄養バランス面では8割以上が「不合格」

PR TIMES / 2014年4月10日 18時1分

~ 栄養バランス満点の朝食で、体内時計をリセットして身体を目覚めさせよう ~

 新生活が始まるこの季節、身体を目覚めさせる栄養バランスのとれた朝食を摂取できているか、朝食の実態を調べるべく、マーケティング&リサーチ会社である株式会社シタシオンジャパン(所在地:東京都中央区、代表取締役会長兼社長:小出紘道)は、早稲田大学の柴田重信教授(時間栄養学)監修の下、「朝食に関する調査」を実施いたしました。【調査実施期間:2014年3月24日~25日、調査対象者:20~50代男女1,200名】



 厚生労働省の「国民健康・栄養調査」(平成24年)によると、朝食の欠食率は全体で男性12.8%、女性9.0%と年々順調に減少しています。今回の調査でも「朝食を重要だと思っている」という人は全体の7割、また「ほぼ毎日朝食を摂っている」人も同様に7割にのぼり、昨今の朝食ブームも手伝って朝食が浸透してきていることが伺えます。しかしその詳細を見てみると、「おにぎりのみ」や「パンのみ」などといった、栄養バランスの偏った食事でも朝食とみなすという人が8割、更に、栄養バランスのとれた朝食を摂れている人がわずかに2割しかいないことが明らかとなりました。また、朝食を食べない理由としては「時間がないから」「食欲がないから」ということが主な要因として挙げられる結果となりました。

 この結果を受けて、調査監修者である柴田重信教授は「朝食をきちんと食べることの重要性は広く認知されているようですが、現代人の朝食実態がここまで乱れているということに驚きました。本来身体を目覚めさせるために摂る朝食ですが、朝の太陽の光を浴び、更に栄養バランスのとれた朝食を摂らないと、2つの体内時計の位相※がずれ、いわゆる時差ボケ症状が出ることがあります。この“朝食時差ボケ”とも呼ぶべき状態が続くと、長期的には、高血糖、高血圧といった事態を招くことになります。栄養バランス満点の朝食で身体を目覚めさせ、朝からリズムよく一日を過ごしてほしいと思います」とコメントしています。
※「体内時計」には太陽の光によりリセットされる「中枢時計」と、栄養バランスの良い朝食によりリセットされる「末梢時計」の2種類があり(一般的に知られているのは中枢時計)、「位相」とは「2つの体内時計の針がどこをさしているか」を表す。

■4人に3人が「朝食は重要」と認識 実際に平日に朝食を毎日食べている人も7割
 まず、朝食に対する重視度について尋ねたところ、74.4%と4人に3人が「とても重要」「まあまあ重要」と回答しました。男女ともに年代が上がるにつれてこの割合は高くなります。
 また平日の朝食摂取状況については、およそ7割(70.6%)の人が「ほぼ毎日食べている」と回答、「週4~5回程度食べている」(8.4%)という人も合わせると、8割程度の人が概ね朝食を食べている結果となりました。ただし性年代別に見ると、男女ともに若年層で平日朝食の摂取率は低く、特に男性20~30代および女性20代では「ほぼ毎日食べている」という人は6割程度にとどまりました。これは「国民健康・栄養調査」(厚生労働省、平成24年)の「20~30代男性と20代女性の欠食率が高い」という結果とも合致し、朝食摂取については依然として啓発の余地があると言えます。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング