【日本タレント名鑑】アイドル界の今後を担う地方アイドル達の活躍と現状に迫る!

PR TIMES / 2014年11月5日 12時59分

「日本タレント名鑑」を発行するVIPタイムズ社が、40年以上タレント情報を取り扱ってきた強みや知見を活かし、芸能界を様々な切り口で分析するコンテンツ「タレメreport」をリリース。先日公開した「お笑い芸人を戦国武将に例えて整理してみた!」に続く第二弾として「アイドル界の今後を担う地方アイドル達の活躍と現状に迫る!」を公開しました。



1970年の創刊以来、各メディアの制作現場にて愛用されている『日本タレント名鑑』を発行する株式会社VIPタイムズ社(本社:東京都渋谷区 代表取締役:井草睦子)が、新しいコンテンツとしてスタートした「タレメreport」の第二弾として「アイドル界の今後を担う地方アイドル達の活躍と現状に迫る!」を『日本タレント名鑑webサイト』( http://www.vip-times.co.jp/ )で公開しました。

***********************************************************

アイドル界の今後を担う地方アイドル達の活躍と現状に迫る!


人気の移り変わりが激しい音楽界にあって、AKB48が2009年から足かけ6年に渡りオリコン1位を続けている。今年8月発売の「心のプラカード」で24作連続。ミリオンセラーも18作連続だ。「もうブームは終わる」と言われ続けながら終息の気配はなく、SKE48など姉妹グループや公式ライバル乃木坂46とも相まって、さらに勢力拡大を図っている。

頂点の48グループに引っ張られ、“アイドル戦国時代”と言われ始めた2010年にメジャーデビューしたももいろクローバーZ、メンバーが一気に若返って5作連続オリコン1位と“復活”したモーニング娘。’14なども躍進。アイドルというジャンル自体が活況となり、様々なグループが相次ぎデビュー。相乗効果で盛り上がりを見せている。そんな中、地方が拠点のグループの参戦も目立ってきた。

地方アイドルの成り立ちは大きく分けて二つ。一つは地元の観光や特産品などのPRを目的とする地域活性型。青森のりんご娘や新潟のNegiccoなどがその例。もう一つは地方の芸能スクールや芸能事務所から生まれたローカルタレント型。アクターズスクール広島出身のPerfumeも当初は“ぱふゅ~む”と名乗る広島の地方アイドルだった。

こうしたアイドルは2000年ごろから“おらが街のモーニング娘。”的に増え、メジャーアイドルにない親近感から地元で愛されたが、活動は基本地域内に留まり、それに飽き足らなければ東京に出て行くしかなかった。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング