Zendesk、SurveyMonkeyとMailChimpとの製品連携により、「顧客リスト」からアンケート調査とメールキャンペーンを実施できる拡張機能を発表

PR TIMES / 2013年12月12日 13時41分

~お客様への積極的なアプローチで、顧客エンゲージメントを強化~



クラウドベースのカスタマーサービスソフトウェアプロバイダーのZendesk(本社:米国カリフォルニア州、創業者兼CEO:ミッケル・スヴェーン(Mikkel Svane))は、2013年12月11日、ネットリサーチ・アンケート調査のASPを提供するSurveyMonkeyと、メール配信サービスを提供するMailChimpとの連携を通じて、Zendeskのサービスを利用する企業が顧客に対し、積極的にアンケート調査とメールキャンペーンを実施できる拡張機能を発表しました。

従来のカスタマーサービスにおいては、企業と顧客との接点は受け身であることが多く、企業が対応をするのはお客様からサポート窓口に問い合わせがあってから、という機会に限られます。しかし、お問合せ窓口に連絡をするお客様は、顧客基盤のほんの一握りで、さらにはその頻度も高くはありません。Zendeskの新機能「顧客リスト」を使うと、 お客様の利用履歴や使用度、興味などあらゆる分類項目で絞り込み、整理することができます。その上で、特定のカテゴリーのお客様に呼びかけてSurveyMonkeyでアンケート調査によるフィードバックを得たり、MailChimpのメールキャンペーンにより顧客とコミュニケーションを図ることが可能です。もちろん、リストはその他のアプリやサービスで活用できるよう、エクスポートできます。

Zendeskの新機能「顧客リスト」と併せて拡張機能を活用することで、従来のカスタマーサポートの管理という枠を超え、顧客をより深く理解することができ、また、直接顧客とのエンゲージを図り、強化することができます。

Zendesk 製品開発部門 シニア副社長のエイドリアン・マクダーモット(Andrian McDermott)は、「企業内の他のどの部署よりも、サポートを通じての大切なお客様との関係構築に企業はますます多くの時間を掛けるようになっています。私たちはMailChimpとSurveyMonkeyと共に、受け身の形でお客様の問題解決をする体制から、積極的に末永くよい関係を築くことができるよう、カスタマーサービスのチームの変革をお手伝いします。」と述べています。

■SurveyMonkeyのアンケート調査を通じて、使えるフィードバックを集める
SurveyMonkey Create アプリで、製品周りのアンケートや一般的なカスタマーサービスに関するフィードバック用の既存のテンプレートを使うか、一から全く新しいアンケートを作成し、送信することができます。例えば、Zendeskの内に「最近購入したお客様」のリストを作り、製品の使い勝手に関するご意見を特定のお客様に依頼することができるのです。
(SurveyMonkeyアプリ: http://www.zendesk.com/apps/surveymonkey-create

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング