VALUESネットユーザー行動分析トレンドreport <住宅・不動産> 

PR TIMES / 2013年9月12日 12時31分

◆ 住宅購入意向者の45%が、来春予定されている消費税の増税を「意識している」
◆ 住宅購入意向が高い人がよく閲覧するサイトランキング
   ~「SUUMO」など大手不動産ポータルほか、「マンションコミュニティ」「IKEA」も~




ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、ネットユーザーの行動ログと属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、来春8%への消費税増税が予定されている中で、住宅の購入・買い替え意向がある消費者がどのようなネット検索・行動を行っているのか、2013年8月分の行動ログを分析しました。
【調査・分析概要】
 全国のVALUESモニターを対象として、2013年8月24日~26日にアンケート調査を実施、現在の住まい状況や今後の住宅購入意向などを10,706人から聴取。つぎに、アンケート回答者を1.住宅購入意向が高い層(具体的に購入・買い替え予定がある+購入商談中・契約済)、2.住宅購入意向が中程度ある層(いずれは購入をしたいと考えている)、3.非検討者(住宅購入予定なし)層に分類し、2013年8月分のネット行動ログを比較・分析しました。
【結果サマリー】
◆ 住宅購入・買い替え意向者の45%が、消費税増税を「意識している」
 8月24日~26日にアンケートを実施、今後の住宅購入意向のある2,648人に、住宅購入・買い替えにあたって、消費税増税を意識しているかどうか尋ねたところ、「とても意識している」は13.6%、「やや意識している」は31.5%、合わせて45.1%が消費税の増税を意識していると答えました。
◆ 住宅購入の情報収集手段は? 1位「ネットの不動産・住宅情報ポータルサイト」
 住宅購入意向のある人に、どのような手段で情報収集を行っているか尋ねると、1位は「インターネットの不動産・住宅情報ポータルサイト」で49.4%でした。2位は「折り込みチラシ・DM」が35.9%、3位は「インターネットの住宅販売会社のホームページ」31%でした。
◆ 住宅の購入・買い替え意向者が高い人がよく閲覧するサイトランキング
  ─「SUUMO」など大手不動産ポータルほか、「マンションコミュニティ」「IKEA」も
 2013年8月分のネット行動ログを分析したところ、住宅購入を検討していない人に比べて、住宅購入意向の高い人がよく閲覧したサイトの1位は、「不動産・住宅情報のSUUMO」でした。このほかにも、「Yahoo!不動産」「アットホーム」「HOME’S」など大手不動産情報ポータルサイトが上位となったほか、7位にマンションクチコミ情報サイトの「マンションコミュニティ」、11位にハウスメーカーの「ミサワホーム」、9位に「イケア・ジャパン」、16位に「無印良品」などの家具販売会社のサイト、15位に「TOTO」などがあがりました。
【結果概要】1.アンケート結果 編
◆ 住宅購入・買い替え意向者の45%が、消費税増税を「意識している」
 2013年8月24日~26日にヴァリューズモニターを対象に実施したアンケートで、今後の住宅購入・買い替え意向があるかどうか尋ねると、回答者10,706人のうち「すでに住宅購入・買い替え予定がある(商談中・契約済み)」は2.1%、「具体的に住宅購入・買い替えを検討している」は1.8%、「いずれ購入・買い替えしたいと考えている」が20.8%でした。
 住宅の購入・買い替え意向のある人に、いつまでに住宅の購入・買い替えをしたいか尋ねると、8%への消費税引き上げが予定されている、「2014年3月まで」の合計は13.7%、10%へ消費税引き上げが予定されている「2015年9月まで」は7.0%でした。
 住宅購入・買い替えにあたって、消費税増税を意識しているかどうか尋ねたところ、「とても意識している」は13.6%、「やや意識している」は31.5%、合わせて45.1%の住宅購入・買い替え意向者が消費税増税を意識している、と答えました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング