博報堂、グローバルマーケティング実践セミナーを開催。「生活者発想で捉えるASEAN市場の今とこれから」

PR TIMES / 2013年11月26日 16時49分

ASEAN市場のリアルな実態により迫るため、博報堂に蓄積されてきた生活者データやフィールドワークの知見を踏まえ市場の実態と日本企業にとっての攻略のヒントをご紹介

博報堂は「博報堂グローバルマーケティング実践2.」 ~生活者発想で捉えるASEAN市場の今とこれから~と題し、2014年1月22日赤坂にてセミナーを開催します。
日本企業にとって、中国に次ぐこれからの有望市場として、ASEAN市場が注目されています。
ASEAN市場のリアルな実態により迫るため、博報堂に蓄積されてきた生活者データやフィールドワークの知見を踏まえ、
生活者発想で捉えた市場の実態と日本企業にとっての攻略のヒントをご紹介します。同時に、中国市場ともインド市場とも異なると言われるASEAN市場において、『ASEAN型消費の未来』がどうなっていくかを洞察する、オムニバス型プロジェクトのご紹介を致します。
現在ASEAN市場攻略を考えている、もしくはすでに攻略中の海外事業やマーケティング部門の方、必聴のセミナーです。


【博報堂グループConsulactionセミナー】
「博報堂グローバルマーケティング実践2.」
~生活者発想で捉えるASEAN市場の今とこれから~

◆内 容
 <はじめに>
 田中廣 博報堂執行役員 

 <セッション1>
『ASEAN市場の持つポテンシャル』
(講師:末広英之 博報堂ブランドデザイン コンサルタント)
ASEAN市場が持つポテンシャルをマクロデータ等で概観しながら、ASEAN各国に
おける共通性と個別性を見ていきます。


 <セッション2>
『グローバル生活者データから見たASEAN市場』
(講師:高月和子 博報堂 研究開発局 上席研究員)
博報堂オリジナルグローバル生活者調査データベース「Global HABIT」の分析
結果から見る、最新ASEAN市場動向のご紹介をします。

 


 <セッション3>
『ASEAN各国のフィールドワークから見えた若者の持つ多様性と共通性』
(講師:原田曜平  博報堂ブランドデザイン 若者研究所リーダー)
ASEAN市場の中核をなす若者達が、各国でどういった共通性があり、個別性を
もっているのかを現地のフィールドワーク報告から読み解きます。


 <セッション4>
『ASEAN型消費の未来洞察プロジェクトのご紹介』
(講師:石野幹生  博報堂イノベーションラボ コンサルタント
    沼田宏光  博報堂コンサルティング 
            アジアパシフィック プロジェクトマネージャー)
1.未来洞察プログラムのご紹介
 中国市場が成長途上にある際に博報堂にて行った未来洞察プロジェクトの
 レビューを中心として未来洞察プログラムのご紹介をします。
2.ASEAN型消費の未来洞察プロジェクトのご紹介
 2014年4月にキックオフ予定のオムニバス型未来洞察プロジェクトを
 ご紹介します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング