PTC、Nasdaqティッカーシンボルを「PTC」に変更

PR TIMES / 2013年12月3日 18時32分

より広範囲に及ぶ企業ビジョンと拡大する市場機会に対応

【2013年12月3日】PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC、社長兼CEO:ジェームス・E・へプルマン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑原 宏昭)は、本日、2013年12月3日の取引開始よりNASDAQ市場におけるティッカーシンボル(銘柄コード)を「PTC」に変更するとの米PTCの発表を明らかにしました。

PTCは2013年1月に正式社名をParametric Technology CorporationからPTC Inc.へと変更しました。この正式社名とティッカーシンボルの変更は、テクノロジーソリューションポートフォリオ、対応市場、企業ビジョンの拡大を反映するものです。

PTC社長兼最高経営責任者(CEO)のジェームス・E・へプルマン(James E. Heppelmann)は「グローバルにおける製造業界は重要な変革期の渦中にあります。PTCは、その変化より生じる顧客の課題への対応を支援するため、テクノロジーソリューションポートフォリオを戦略的に拡大してきました。ティッカーシンボルを新たにすることで、上場企業を表すシンボルと、現在の実際の事業を表す企業名である「PTC」とを一致させる最終の段階となりました」と述べています。

2013年12月3日より、株式の取引、財務、市場に関する情報はすべて新たなティッカーシンボルである「PTC」として報告されます。


<関連情報>
- IR・投資家情報(ウェブサイト)
http://investor.ptc.com/
- Forces of Transformation(eBook)
http://www.ptc.com/WCMS/files/158359/en/PTC_eBook_Forces_of_Transformation.pdf
- PTC Product and Service Advantage(企業ビデオ)
http://ja.ptc.com/apps/corporate-videos/ 

【PTCについて】
PTC(本社:マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC)は、製造業における継続的な製品とサービスの優位性(Product and Service Advantage)の実現を可能にします。PTCのテクノロジーソリューションは、構想、設計から調達、サービスまで、製品ライフサイクル全体にわたり、お客様の製品の開発とサービスの変革を促進します。1985年に設立されたPTCは、世界各国に6,000名以上の従業員を有し、グローバル規模で分散化し急速に変化する製造業界に携わる27,000社を超える顧客企業を支援しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング