外国人が関心があったのはどの記事? QOOLJAN 閲覧数ランキング発表

PR TIMES / 2015年1月7日 10時27分

株式会社QLEA(本社:広島県広島市、代表取締役社長:鳥越 隆文)は、運営する外国人向けの日本文化・体験紹介サイト「QOOLJAN」にて、2014年(サイトリリースの6月1日から12月31日まで)で人気のあった記事のランキングを発表します。

2014年は訪日外国人旅行者数が1300万人を超えました。
2020年に向けさらに外国人旅行者は増えることが予想されます。
いったいどんなコンテンツが人気なのでしょう。



3位:Learning Japanese Manners Part 2: How to Drink Tea And Eat Sweets
http://www.qooljan.com/newsandreport/how-to-drink-tea-and-eat-sweets/


3位は日本のマナーを紹介する記事がランクイン。

「エレガントマナーレッスン」を主催する佐藤様に、日本茶と和菓子のいただき方を外国人ライターが体験して書いた記事です。


2位:6 Shops You Can Wear Kimono And Yukata in Asakusa
http://www.qooljan.com/newsandreport/wear-kimono-and-yukata/

浅草エリアで、着物を借りて着られるお店を紹介するまとめ記事が2位に入りました。

主に検索エンジン経由でアクセスされており、日本でしかできない体験を探しているユーザが多いことが読み取れます。


1位:How to use Chopsticks #2: Faux Pas When Using Chopsticks
http://www.qooljan.com/newsandreport/how-to-use-chopsticks-2/

2014年に一番多くの閲覧があった記事は、箸の間違った使い方を紹介する記事でした。
Facebook上で多くShareされたことでアクセスが伸びました。
"chigiri-bashi is bad? then give me a KNIFE d*mnit.. “(ちぎり箸はだめなの?ならナイフをください)
"Oops. I am guilty of at least half of those.” (おっと。10個のうち半分は有罪だ)
といったコメントがFacebookに寄せられました。

今後もQOOLJANを通して得られた外国人旅行者の関心や情報を配信する予定です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング