クラウド型サーバセキュリティ『攻撃遮断くん』 鈴与シンワート株式会社がS-Portクラウドソリューションとして提供開始。

PR TIMES / 2014年10月1日 17時48分

~サイバー空間の安心安全をより多くの人に~

 株式会社アミティエ(東京都渋谷区、代表取締役:横田 武志)は、サーバセキュリティサービス『攻撃遮断くん』が、鈴与シンワート株式会社(東京都港区、代表取締役社長:池田 裕一:以下鈴与シンワート)が展開する「S-Portクラウドソリューション」のラインナップとして提供開始されたことを報告申し上げます。



【サービス提供開始の背景】
近年、政府機関や国内企業のサーバを狙ったサイバー攻撃が増加し、その手口も一層複雑・巧妙化している中、政府は2020年に行われる東京オリンピックも視野に入れ、サイバーセキュリティ戦略の基盤となる「サイバーセキュリティ基本法」の成立が早ければ今秋にも見込まれています。同法案が成立すれば、サイバー犯罪の被害を食い止めるための努力が国民や企業に求められることになります。今や、企業にとって、自社サーバのセキュリティ管理は顧客を守るため、社会的に果たすべき義務だといえます。企業サーバ向けのセキュリティサービスの需要は高まる一方です。そのニーズに柔軟かつ迅速に対応できる製品を目指し、鈴与シンワートの「S-Portクラウドソリューション」として提供が開始されたことで、大企業だけでなく、中堅・中小企業においても、保守・運用に一切の手間をかけることなく、24時間365日のセキュリティを実現します。


【鈴与シンワートに関して】
鈴与シンワートは、鈴与グループ唯一の上場企業として一般企業・金融業・官公庁向けにデータセンター・クラウドサービスの提供、大規模システムの受託開発、人事・給与・就業システムの構築・アウトソーシング等の情報サービス事業を展開しています。


【攻撃遮断くんについて】
「攻撃遮断くん」は、サーバへのあらゆる攻撃を遮断するIPS+WAFクラウド型サーバセキュリティです。革新的な仕組みにより、クラウド(IaaS)を含むほぼ全てのサーバに対応し、ネットワーク、OS、Web、アプリケーションへの攻撃を防ぎます。保守・運用に一切の手間をかけることなく、24時間365日のセキュリティを実現します。


【参考:サービス概要】
クラウド型IPS+WAF「攻撃遮断くん」は、外部公開サーバへのあらゆる攻撃を遮断するクラウド型のサーバセキュリティサービスです。WEB改ざん、情報漏洩、踏み台、サービス妨害等の被害を防ぐ事が出来ます。鈴与シンワートの「S-Portクラウドソリューション」を始め、数々の国内大手クラウドサービス事業者に選定されるなど、大変好評いただいております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング