ブレイカー、gumi venturesから出資、gumiとの業務提携の協議を開始

PR TIMES / 2014年7月18日 13時0分

次世代メディア・エンターテインメント・カンパニーのブレイカー株式会社は、株式会社gumiの子会社である株式会社gumi venturesが運営する「gumi Ventures, L.P.」より出資を受けることを本日発表いたしました。
また両社は、モバイル動画配信領域における新しいエンターテインメントの提供に向けて、業務提携を前提とした協議を開始いたしました。



次世代メディア・エンターテインメント・カンパニーであるブレイカー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:アレン・スワーツ、以下「ブレイカー」)は、モバイルオンラインゲームの開発・運営を行う株式会社gumi(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:國光宏尚、以下「gumi」)の子会社でモバイルコンテンツ関連の企業へ投資を行う株式会社gumi ventures(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:川本寛之、以下「gumi ventures」)が運営する「gumi Ventures, L.P.」より出資を受けることを本日発表いたしました。
また、ブレイカーは、モバイル動画配信領域における新しいエンターテインメントの提供に向けて、gumiとの間で業務提携を前提とした協議を開始いたしました。

ブレイカーはgumiとの提携を通じて、同社が持つモバイルエンターテインメント事業における豊富な実績と知見を活用し、今後急速に拡大することが予想されるモバイルビデオ市場に向け新しい動画エンターテインメントを提供していくことを計画しております。詳細は追って発表いたします。

今回の提携について、両社の代表は次のように述べております。

■ブレイカー代表取締役 アレン・スワーツ
「日本から世界に向けたコンテンツ企業を目指すブレイカーとしては、先達であるgumiとパートナーシップを結べるのは光栄です。今までにない新しいエンターテインメントを一緒に作っていきたいと考えております」

■gumi代表取締役社長 國光 宏尚
「現在、ネット動画市場で起きている動きは、モバイルオンラインゲーム業界と同様のパラダイムシフトであると考えており、ブレイカーはネット動画市場におけるリーディングカンパニーとなり得る会社だと考えております。gumiのモバイルオンラインゲームの経験とブレイカーの動画コンテンツプロデュースの経験を活かし、今までにない新しいエンターテインメントを一緒に作っていきたいと考えております」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング