マネタイズの、SNSを活用したダイレクトリクルーティングサービス「直リク」がレインズインターナショナルに採用されました。

PR TIMES / 2014年12月9日 14時2分

人材紹介会社や採用媒体を介さず、独自に採用活動を行えるサービス

デジタルマーケティングを活用した新ビジネスの企画・開発・運営を行う株式会社マネタイズ(所在地:東京都新宿区、代表取締役:高梨巧)は、ソーシャルメディアを使って直接求職者とつながり、採用活動を内製化する飲食店向けダイレクトリクルーティングサービス「直リク」が株式会社レインズインターナショナル様で採用されたこととをお知らせいたします。
株式会社レインズインターナショナル直リクページ:https://reins.hr-direct.jp/




◆ 求職者と直接繋がる「ダイレクトリクルーティング」とは

ダイレクトリクルーティングとは、その名の通り企業と求職者が直接コミュニケーションして交渉する採用手法のことです。
具体的には、SNSでお互い内容に関する疑問点を解消しつつ、必要に応じて対面でのコミュニケーションや体験入社などを行い採用を決めていきます。

お互いについて深く理解した上で採用を決めるので、採用側・応募側双方の満足度が高く、定着率が高くなり、トータルの採用コストを抑える効果もあります。なお、海外でも、LinkedIn(リンクトイン)、MONSTER.COMなど、ソーシャルメディア上で優秀な人材との接点を作り、直接交渉する手法を取り入れる企業が圧倒的に多くなっています。


◆正式サービス発表後、株式会社レインズインターナショナルに導入決定
株式会社コロワイドのグループ会社であり、「牛角」「しゃぶしゃぶ温野菜」「かまどか」などのブランドを展開する株式会社レインズインターナショナルでは、今後の出店計画に伴い積極的な採用活動を展開してしています。

その採用活動の背景として「自社メディアでの戦略的な採用活動を実現する」ことを課題として掲げていることから、自社サイトに事業に興味や関心がある層を直接集客でき、事業方針や理念に共感出来る人材に直接アプローチが出来るダイレクトリクルーティングサービス「直リク」を導入する運びとなりました。


◆ ダイレクトリクルーティング「直リク」特徴
・求人媒体、紹介会社を介さず、自社の採用サイトに直接集客できるため、媒体コスト・成果報酬を削減
求人媒体、人材紹介会社が保有する求職者リストを活用する従来の採用方式に依存せず、Facebookなどのソーシャルネットワーク内での広告の活用やリスティング広告などの運用を軸とする施策を展開し、企業の採用ページに求職者をダイレクトに集客します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング