大きな配当を生み出す国際プーリング

PR TIMES / 2014年11月7日 10時20分

国際配当率の平均値は6%を超過、グローバルに大幅なコスト削減を実現

【東京】 2014年11月7日(金) - コンサルティングサービスを展開するタワーズワトソン(NYSE, NASDAQ: TW)が実施した国際プーリングに関する最新のサーベイ結果によると、従業員向けの福利厚生保険についてグローバルベースで積極的に管理している多国籍企業は、平均で6.1%の国際配当を得ていることが明らかになった。



本サーベイでは、多国籍企業151社から入手した753の国際プーリング報告書の分析を行った。これらの保険料総額は24億米ドルにのぼる。分析対象とした国際プーリングの3分の2近く(64%)で国際配当が支払われていたことが判明した。中でも、トップクラスの実績をあげている国際プーリングの国際配当率は非常に高く、4分の1以上(28%)の国際プーリングが10%を超える配当率をあげていたことが明らかになった。

タワーズワトソンのシニアコンサルタントであるロジャー・ビーチは、「企業にとってコストの削減とシナジーの発揮は引き続き優先順位が高い関心事項であるが、国際プーリングは企業のグローバルな購買力を活用してコスト削減を実現し、同時に従業員向け福利厚生保険に係るリスクを異なる地域および事業領域間で分散する手法として注目が集まっています。」と述べた。

「国際プーリングを積極的に活用することで、比較的容易にコスト削減ができるようになると同時に、どの国でどのような従業員福利厚生制度が提供されているかを理解・管理することが可能になるという認識が、グローバル企業の間で広がりつつあります。また、プーリングのパフォーマンスがよければ、企業収益に貢献することも明らかです。逆方向からのアプローチとして、配当を最大化する方向を目指すのではなく、保険料そのものを事前に削減することを目指して計画的にプーリングを管理している会社があることも分かっています。これらを総合すると、プーリングを積極的に管理・活用する企業は、そうでない企業と比べて、より高い財務実績を示すことができる傾向があると言えます。」 (ロジャー・ビーチ)

本サーベイでは、国ごとにパフォーマンスが大きく異なることも明らかになった。インドネシアとチェコの保険料に対する国際配当の割合はそれぞれ36%と33%であった。国際プーリングがプラスにならなかった国もあるが、6カ国にとどまり、最も低いパフォーマンスを示した国がハンガリー(-36%)、次にオーストラリア(-15%)、カナダ(-11%)、シンガポール(-9%)、デンマーク(‐2%)、中国(-1%)と続く。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング