従業員でいながら、経営参画できる新制度 「神座パートナーシップ制度」 - 9/19(金)オープン 東京ドームシティ店にて初適用 -

PR TIMES / 2014年9月10日 12時41分



ラーメンレストランチェーン「どうとんぼり神座(かむくら)」を運営する株式会社理想実業(本社:奈良県北葛城郡 代表取締役 布施正人、以下神座)は、従業員でいながら出資者として店舗経営に参画できる「神座パートナーシップ制度」を2014年より設置いたしました。
この度、当制度の第一号者として、2014年9月19日(金)オープンの『東京ドームシティ店』店長山本雅孝を適用いたします。

≪神座パートナーシップ制度概要≫
「どうとんぼり神座・理想実業で働く人はみんな家族。みんなに幸せになってもらいたい」とは、代表取締役である布施正人が口癖のように語る言葉です。その言葉を形にしたのが「神座パートナーシップ制度」です。本制度は、店舗ごとでファンドを組成し、参加者が30口300万円を出資することで、契約期間中は利益に連動した分配金を得ることのできる制度です。従業員でありながら出資者として経営参画できることで、従業員の精神的かつ物質的な幸福度の追求を図ります。

この経営参画制度によって社員の一人一人が経営者感覚、経営者意識を持ちながら事業に参画することで「自ら考え判断し、行動のできる商人(あきんど)、商売人の育成、更には経営者の育成を目指していきたいと考えています。

≪神座パートナーシップ制度 適用第一号者≫
山本 雅孝 (どうとんぼり神座 東京ドームシティ店 店長)


≪東京ドームシティ店 店舗概要≫

店舗名 : どうとんぼり神座 東京ドームシティ店
所在地 : 東京都文京区後楽1丁目3番61号
黄色いビル2階
席数 : 56席
営業時間:平日11:00 ~ 23:00
土日祝10:00~23:00
定休日 : なし
電話番号:03-3868-0236


【飲食業界不況のなか急成長を続ける神座】


どうとんぼり神座は、毎年成長を続けています。毎日食べても飽きない味の追求、女性でも来店しやすい店舗開発など、神座独自のビジネス戦略の結果、2013年度の売上は約50億円に達しました。今後の店舗展開に関しては、国内のみならず海外にも展開を予定しています。世界のお客様に向け、「3回食べたらやめられない」神座の味をさらに広く提供していきます。


【どうとんぼり神座(かむくら)とは】
フレンチレストランのオーナーシェフをしていた布施正人(代表取締役社長)が一念発起し、スープを一年半研究した末に開いたラーメン店です。創業は1986年。創業当時から「おいしいラーメン」は神座の看板メニューです。フレンチでの経験を活かし開発した、門外不出の神座秘伝スープ。その美味しさが引き立つように、麺の上には白菜というシンプルなラーメンにしています。この「おいしいラーメン」の人気により、大阪・道頓堀に4坪9席からスタートした店は、1日500杯以上を売り上げる人気店になりました。現在は、東京・関西を中心に33店舗を展開しています。

【看板メニュー/おいしいラーメン】※価格は販売エリアにて異なります


【株式会社理想実業 会社概要】

・会社名:   株式会社 理想実業
・所在地:   奈良県北葛郡広陵町安倍453-7
・代表取締役: 布施正人
・運営ブランド:「どうとんぼり神座(かむくら)」「チャーハンキッチン」
        「ギョウザキッチン」 「神座飲茶楼(かむくらやむちゃろう)」

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング