日本音楽のプロモーション事業「J-Music LAB2014」第二弾 インドネシア・ジャカルタで実施

PR TIMES / 2014年11月18日 19時14分

~現地人気イベント内で日本人アーティスト6組がパフォーマンス~



当協会は、11月8・9日にインドネシア・ジャカルタ市スナヤン東駐車場で開催された「Hai Day(ハイ・デイ)」に参加し、日本音楽のプロモーション事業である「J-Music LAB(ジェイ・ミュージックラボ)」の第二弾を実施致しました。

昨年より2年目となる本事業の今年のテーマは「現地人気イベントとの連携によるローカライズ」。まず8月に3万人規模のイベントであるインドネシア大学で開催された「Gelar Jepang」(日本祭り)で第一弾を実施(URL; http://www.riaj.or.jp/release/2014/pr141009.html)。

そして今回第二弾としてインドネシアの若者向け人気雑誌「Hai magazine」が主催する「Hai Day」と連携し、本事業を展開致しました。事業内容は、日本からの6組のアーティストによるライブパフォーマンスや特設ブースにおけるファンとの交流などです。

ライブパフォーマンスでは、8日に「Dorothy Little Happy」「TarO&JirO」「AMIAYA」、9日に「I Don’t Like Mondays.」「藍井エイル」「Cyntia」がそれぞれメインステージでライブを実施、中でも出演者の「TarO&JirO」は、現地の人気バンド「PEE WEE GASKINS」のステージに参加、お互いの曲を演奏してステージを盛り上げ、交流を深めました。日本人アーティストが出演したステージではのべ約1万名の来場者がありました。

その他このHai Dayには「JKT48」や「MALIQ&D’ESSENTIALS」といった現地の人気アーティストも多数出演し、開催期間2日間を通してのべ約6万名の来場者がありました。

また今回のイベントでは会場内に「J-MusicLAB」のブースを設置、アーティストとの交流を深める目的のMeet&Greetのコーナーではサイン会や握手会などを行い、参加者の長蛇の列ができるなど日本のアーティストと現地ファンの交流を深める良い機会となりました。

今年度の「J-Music LAB」は今回を以て終了となりますが、当協会は来年度以降も協会会員社の海外展開支援として、様々な施策を行ってまいります。

■事業の概要
【イベント名】J-Music LAB in Hai Day
【企画】一般社団法人日本レコード協会(RIAJ)
【協力】一般財団法人音楽産業・文化振興財団(PROMIC)
【期間】平成26年11月8日(土)・9日(日)
【場所】インドネシア・ジャカルタ市内スナヤン東駐車場
【出演アーティスト(出演順・敬称略)】
 Dorothy Little Happy、TarO&JirO、AMIAYA、I Don’t Like Mondays.、藍井エイル、Cyntia
【イベントオフィシャルサイト】
 Hai Day:http://www.haiday2014.com/
 J-Music LAB(Facebook):https://www.facebook.com/jmusiclab

■イベントの様子
ステージの様子(11/9)


J-Music LABブース(11/8)


現地アーティストとのコラボレーション(11/8)

以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング