第一カッター興業株式会社とプラント設備解体事業に関する包括的業務提携に合意

PR TIMES / 2018年9月7日 17時1分

当社は、本日開催の取締役会において、第一カッター興業株式会社(東京証券取引所第一部上場、証券コード1716、以下「第一カッター興業」といいます。)との間で、業務提携基本契約(以下、総称して「本業務提携」といいます。)を締結することを決議しましたので、下記のとおりお知らせいたします。



1.本業務提携の目的

当社は、電力、製鉄、石油精製、石油化学などの大規模なプラント設備の解体工事を主たる事業とし、全国各地での多数の工事実績があります。球形貯槽(ガスタンク)をりんごの皮を剥いていくように切断を行う「リンゴ皮むき工法」などの複数の解体特許工法や長年のプラント解体で蓄積されたPCB含有の変圧器(トランス)などを無火気で解体するなどの独自のノウハウにより、解体更新時期をむかえる全てのプラント設備に対して、安全かつ適切で効率的な解体工事を提供し続けることで、企業価値の向上を目指しております。

一方、第一カッター興業は、社会インフラ(橋梁、道路、ビル等)全般に対して、「切る・はつる・洗う・剥がす・削る」といったキーワードを軸に特化した技術を提供しております。専門施工会社として切断穿孔工事事業(ダイヤモンド工法・ウォータージェット工法)に代表される独自の特化した技術力を提供することで、解体・維持・補修ニーズに応え付加価値の提供を続けております。

今回、両社の持つ独自かつ特化した技術を協同で提供し、更には、お互いの工法を組み合わせることにより、安全かつ最適で効率的な解体技術の提供を進めるとともに、その特化した技術を組み合わせにより、今後、増加が予測されるプラント解体ビジネスにおいて競争力を強化し、両社の事業拡大を目的とするものであります。


2.本業務提携の背景

両社は、かねてよりお互いのビジネスにおいて理解と尊重に基づいた協力関係を築いております。今回、更に進んで、両社の持つ独自の工事技術をはじめとした事業リソースを相互提供する包括的な業務提携を結ぶことで、日本の産業構造において老朽化が進み解体更新の時期をむかえる大規模なプラント設備に対して、安全かつ適切で効率的な解体工事を協力して提供することが可能となり、両社の事業拡大に資するものとなると判断し、本業務提携に至りました。


3.本業務提携の内容等
[画像1: https://prtimes.jp/i/19686/5/resize/d19686-5-644480-0.jpg ]



4.本業務提携の相手先の概要


[画像2: https://prtimes.jp/i/19686/5/resize/d19686-5-523905-2.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/19686/5/resize/d19686-5-136478-5.jpg ]



5.日程

取締役会決議日 : 平成30年9月7日
契約書締結日  : 平成30年9月7日

6.今後の見通し

本業務提携が当社に与える影響は未定でありますが、中長期的に当社の企業価値向上に資する業務提携と考えております。今後、開示すべき影響等が判明した場合は、速やかにお知らせいたします。

                                                以 上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング