珈琲で“ちょっとやさしい気持ちになれる”プロジェクト。スタートに伴い、関連新商品のドリップパック「#coffee letters blend」を販売開始。

PR TIMES / 2018年10月24日 10時40分

~ 一杯のコーヒーとメッセージが人々のやさしさを繋ぐ“ギフト経済”という新しい取り組み~

11月6日より閑静な住宅街、西千葉で「珈琲とワインを軸に暮らしを楽しむきっかけを作りだす」をコンセプト に営業する飲食店『珈琲とワインのある暮らし 25』が、プロジェクトに関連した新商品「#coffee letters blend」を販売開始する。



同店は9月2日に千葉県君津市で開催された「オデカフェ珈琲マーケット」でそのポストカードを配布し、本プロジェクトを スタートした。
県内各地のポストカード設置店は順次増やしていく予定で、ホームページ( https://www.vingt-cinq25.com/)上で公開している。
[画像1: https://prtimes.jp/i/26558/5/resize/d26558-5-543906-3.jpg ]



ドリップパックは、同店の手回しロースターで少量ずつ焙煎し、ドミニカの珈琲豆を用いて、ワインのような果実の甘い香りとライムのような上質な酸を表現。同店らしさとプロジェクト普及を祈願した商品となっている。

[画像2: https://prtimes.jp/i/26558/5/resize/d26558-5-398666-4.jpg ]


1個¥216-で店頭やイベント出店時に販売予定。カップにセットし、お湯をそそぐだけで、気軽に楽しめる。忙しい朝やギフトとしてもおすすめの商品となる。


同店が始める“#coffee letters project”は、前の人からメッセージとともに贈られたコーヒーを楽しみ、
自分もまた誰か別の人のためにメッセージとコーヒーを贈ってあげるというプロジェクトだ。

“ギフト経済”とは“前の人から受けた親切を別の人に贈り、つないでいく”ことで、恩返しならぬ恩送り のことだ。
普段あまり耳にしない言葉でも、2000年にヒットした映画「ペイ・フォワード 可能の王国」なら 知っている人も多いかもしれない。
主人公の少年が先生から投げかけられた「もし自分の手で世界を変 えたいと思ったら、何をするか?」という課題に対して思いついた考え「ペイ・フォワード(pay it forward)。 自分が受けた善意や思いやりを、その相手に返すのではなく、別の3人に贈る」というのが“ギフト経済” の考え方そのものだ。

プロジェクトの具体的な参加方法は次の通り。

■“#coffee letters project” 参加方法
1.本プロジェクトのポストカードを千葉県内各地の協力店(美術館、ギャラリー、ゲストハウスなど)やイベントで入手する。
2.県内各地からポストカードを片手に、一杯のコーヒーとメッセージに思いを馳せながら、同店が運営する
『コーヒーレター案内所(千葉市稲毛区黒砂 1-14-6)』に向かう一時の旅を楽しむ。
3.『コーヒーレター案内所』で、前の人が贈ってくれたコーヒーを、メッセージを読みながら堪能する。
4.『コーヒーレター案内所』を訪れる次の旅人に向けたメッセージとコーヒー(※)を預ける。
(※次の人へのコーヒー代金。金額は“あなたの気持ち”次第)
[画像3: https://prtimes.jp/i/26558/5/resize/d26558-5-448149-1.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/26558/5/resize/d26558-5-425979-2.jpg ]



本プロジェクトのきっかけについて同店店主は「ここ西千葉でお店を開業してまもなく3年を迎えることができます。これまでを振り返って、感謝の気持ちを込めて、社会に何か恩返しをしたいと思い、“#coffee letters project”の実施に至りました。


プロジェクトに参加してくれた方が新商品「#coffee letters blend」を誰かに贈ることで、
ギフト経済が循環し、珈琲でいつもより “ちょっとだけやさしい気持ち”になってもらえたら嬉しいです」と語る。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング