横山美術館 企画展「愛された セト・ノベルティ展」開催

PR TIMES / 2018年7月19日 17時1分

2018年8月4日(土)~12月2日(日)

公益財団法人 横山美術館(名古屋市東区葵1丁目1番21号 理事長:横山 博一)は、明治・大正期の輸出陶磁器を中心に展示する美術館「横山美術館(ヨコヤマビジュツカン)」において2018年8月4日より企画展「愛された セト・ノベルティ展」を開催いたします。     後援:名古屋市教育委員会・瀬戸市



[画像1: https://prtimes.jp/i/27559/5/resize/d27559-5-267254-0.jpg ]

セト・ノベルティは100年以上に渡って瀬戸で制作が続けられ、かつては輸出陶磁器の花形として多くの作品が海外に渡り世界中で愛されました。それらのノベルティには日本の職人の技が発揮された、素晴らしい工芸美術品といえる作品が多くあります。しかし、1980年代以降の円高によって衰退を余儀なくされ、その技術が失われつつあるのが現状です。
 
 本展ではこれらのノベルティに再度脚光を当て、当館所蔵のものを中心に選りすぐりの作品250点余りを展示します。特に米国の著名な画家であるノーマン・ロックウェルの作品をもとに制作されたノベルティを一堂に紹介するとともに、手の指先まで美しく表現された大型の人形、迫力ある鷲などセト・ノベルティの秀逸な作品の数々もご覧いただけます。残された作品にみる当時の職人たちの卓越した技巧と、大小様々な作品が織りなす世界をぜひご堪能ください。


《開催概要》
・展覧会名:「愛された セト・ノベルティ展」
・開催日 :2018年8月4日(土)~12月2日(日)
・開館時間:10時00分~17時00分(入館は16時30分まで)
・休館日 :毎週月曜日(祝・休日の場合開館、翌平日休館)、8月14日・15日
・入館料 :一般 1000円(800円)、高・大学・シニア65歳以上 800円(600円)、中学生600円(400円)
      小学生以下 無料 
      *( )内は20名以上の団体料金
[画像2: https://prtimes.jp/i/27559/5/resize/d27559-5-822492-1.jpg ]



「自画像」丸山陶器  
[画像3: https://prtimes.jp/i/27559/5/resize/d27559-5-912322-2.jpg ]



「花を摘む男女」丸山陶器
[画像4: https://prtimes.jp/i/27559/5/resize/d27559-5-387804-3.jpg ]

「Four Seasons 初恋」丸山陶器


《関連イベント》:「ノベルティ絵付け体験」開催 *要事前申込
(1)かわいい☆うさぎの小物入れに絵付けしてみよう!

瀬戸で作られたノベルティを自由に絵付けし世界にひとつの作品を作りましょう。
開催日 :2018年8月5日(日)
時間 :1.午前の部10:00~12:00 2.午後の部13:30~15:30
  定員 :各回20名
参加費 :1,000円(入館料別途)
対象 :小・中学生
※低学年のお子さまには、大人の方の付き添いをお願いします。
(付き添いの方要入館料)申込方法:お電話にて受付中(先着順)
後援 :名古屋市教育委員会・瀬戸市
[画像5: https://prtimes.jp/i/27559/5/resize/d27559-5-505250-4.jpg ]

(2)天使の小物入れに絵付けしてみよう!
瀬戸で作られたノベルティを楽しく彩色し、使える作品を創作しましょう。
開催日 :2018年11月11日(日)
時間 :1.午前の部10:00~12:00  2.午後の部13:30~15:30
定員 :各回20名
参加費 :1,500円(入館料別途)
申込方法:10月5日(金)よりお電話にて(先着順)
後援 :名古屋市教育委員会・瀬戸市
[画像6: https://prtimes.jp/i/27559/5/resize/d27559-5-584724-5.jpg ]



《ギャラリートーク》:学芸員による作品解説を実施 *事前申込不要、要入館料
下記の日程で、学芸員による作品解説を行います。(いずれも13:30~)
開催日 :9月8日(土)、9月22日(土)、10月6日(土)、10月20日(土)
  場所  :横山美術館 各階展示室
       4階の企画展と1階~3階の常設展を合わせて、1時間程度を予定しています。

【公益財団法人 横山美術館 概要】
法人名 :公益財団法人横山美術館
所在地 :名古屋市東区葵一丁目1番21号
代表者 :理事長 横山 博一
設立 :2015年9月
URL : http://www.yokoyama-art-museum.or.jp
事業内容:美術館運営

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング