熊本県合志市の取り組む新しいシティプロモーションのかたち市民クリエイターを育成し、地元の魅力を発信!

PR TIMES / 2018年7月31日 15時1分

~ 合志市クリエイター塾2018 生徒募集はじめました ~

熊本県合志市は、地元の魅力を伝える市民クリエイターを育てる『合志市クリエイター塾』第4期生の募集を開始いたしました。
これまでの活動から様々の市民クリエイターが誕生致しました。NIKEのWeb映像制作に携わる僧侶や町興しを行うNPOを設立し代表を務めるお母さん・・・
マスコミのみなさまにおかれましては、ぜひその卒業生の活躍と共に今年からは地元の名産品・企業を題材の行う授業カリキュラムの取材を取材いただけますよう、お願い申し上げます。



[画像1: https://prtimes.jp/i/27841/5/resize/d27841-5-538659-0.jpg ]


-シティプロモーションにおける地方自治体の課題-
地方自治体の大きな課題は、地域資源、地場産業、新しい取り組みに十分なプロモーション予算、支援体制を用意することが難しい点にあります。平成29年度のシティプロモーションの実態ですが、年間予算100万円以下の自治体が全体の32%、500万円以下が全体の55%と過半数を超えています。 1000万円以上を計上している自治体でさえも「プロモーション財源不足」「人材不足」「スキル不足」に課題があると考えている状況です。予算や人材不足を踏まえたうえで、何にどう取り組むかという戦略が必要となっています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/27841/5/resize/d27841-5-388358-1.jpg ]


-熊本県合志市が考える課題解決策-
予算や人材不足の解消に長期的に取り組んでいるのが、熊本県合志市で2015年にスタートした『合志市クリエイター塾』(以下、クリエイター塾)です。クリエイター塾は地域の資産となる人材の育成に最も力を注いでいます。プロアマ問わず“伝えたい人”を集め、様々な講師から、世の中に発信する知恵と技術を学んでいます。これまでの3年間で、さまざまな人材が育っています。

4年目を迎える今年からは、地元の名産と塾生の結びつきを強める授業カリキュラムを開始いたします。「課題整理と目標設定」「ブランディング」「クラウドファンディング」「Eコマース」「映像撮影」「映像編集」「著作権と起業」といったすべての授業を、熊本県合志市の名産品・企業を題材にして行います。地元の魅力を伝える“人材育成“を行い、育った塾生が”地元名産・企業”を広めていく。この循環を続けることが、熊本県合志市の未来を創る活動につながると考えています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング