中東・カタールで初となる「デュシット ドーハ ホテル」が2018年12月に開業

PR TIMES / 2018年8月23日 23時1分

ドーハのウェスト・ベイエリアに357室の5つ星ホテル

タイを拠点とするグローバル・ホスピタリティ企業、デュシット インターナショナルはこのたび、アルマジド・グループと運営受託契約を締結し、カタールでは初のデュシットブランドとなる「デュシット ドーハ ホテル」を2018年12月に開業します。



[画像: https://prtimes.jp/i/34401/5/resize/d34401-5-783938-0.jpg ]

 首都ドーハのウェスト・ベイエリアに位置するこの5つ星ホテルは、ハマド国際空港から車25分、シティ・センター、ザ・ゲートモール、ドーハ・エキシビション・コンベンションセンターへ徒歩圏内の好立地で、スーク・ワキーフ、カターラ・カルチュラル・ヴィレッジ、ザ・パールなどの人気観光スポットにも簡単にアクセスすることが可能です。

 「デュシット ドーハ ホテル」は、スイートを含むホテル客室数261室、アパートメントホテル96室の全357室を有し、長期および短期の滞在双方に適しています。全ての客室が41平方メートル 以上の広さを誇っており、最も広い客室はウェスト・ベイエリア側に面しています。

 クラブ、スイート、デラックス、プレミアムデラックスの全ての客室にモダンなアメニティと居心地の良い家具を完備しております。アパートメントホテルは、長期滞在者向けに行き届いたサービスと、ご滞在に必要な設備が完備された客室を、シングル、ツイン、3ベッドルームでご用意しております。ウェスト・ベイに位置するドーハ随一のロケーションにより、どの客室からもアラビア湾へとつながる素晴らしい眺望をお楽しみいただけます。

 「カタールは、100万人以上の来場者が見込まれるFIFAワールドカップ2022および世界陸上競技選手権大会2019という2つの世界的に大規模なスポーツイベントの開催地に決定しています。世界陸上2019はデュシット ドーハ ホテルが開業する絶好のタイミングで開催され、我々にとっても今後数年にわたり大会の主催者や協賛企業、専門家をお迎えする良いタイミングと捉えています。この度パートナーとなるデュシットは、カタールでの5つ星ホテルとして、大切なお客様にタイの文化や体験を提供してくれるものと確信しています。私たちはデュシット インターナショナルと長きにわたって素晴らしい関係を構築してまいりました。彼らのプロダクトならびに高水準なサービスを心から信頼しており、そしてまた彼らとともに実りある共同プロジェクトができることを心待ちにしています。」(アルマジド・グループのアハマド・マフディ・アルマジド氏のコメント)

 「アルマジド・グループとの2番目のプロパティとなるデュシット ドーハ ホテルを、絶好のタイミングで開業出来ることを大変嬉しく思います。このホテルは、活気に満ちた刺激的な都市で常に発展していくことを想定し、ビジネス客同様レジャー客にも共感を呼ぶようなデザインに仕上がる予定です。」(デュシット インターナショナル グループCEO スパジー・スタンパンのコメント)

 デュシット インターナショナルは、現在4ブランド27軒のホテルを8カ国で展開しています。急成長の中で、今後4年間のうちに世界の重要なマーケットで50軒の開業を目指しています。



デュシット インターナショナルについて


1948年に、現在の名誉会長を務めるタンプイン・チャナット・ピヤウイによって設立。これまでにホテル経営、ホスピタリティ業界、教育分野において業界をリードする企業と成長し、「デュシタニ」、「デュシットD2」、「デュシット プリンセス」、「デュシット デバラナ」の4つのブランドの元、ホテルとリゾートを展開しています。2019年には、ミレニアル世代の旅行者をターゲットとした手頃な中規模のライフスタイルホテルブランド「アサイ・ホテル(ASAI HOTELS)」を開業する予定です。現在世界各地において計27軒のホテルおよびリゾートを運営しており、ブータン、中国、インドネシア、ケニア、ミャンマー、オマーン、フィリピン、カタール、サウジアラビア、シンガポール、タイ、およびアラブ首長国連邦などで、新たなプロパティを開発しております。さらに、「デュシット ブランド」を象徴するテワラン・スパや、急速に成長する教育分野でのビジネスも展開しています。1993年に設立したデュシタニ カレッジは、バンコクとパタヤにてキャンパスを展開しており、職業訓練とホスピタリティの学位の取得が可能です。ル コルドン ブルー デュシット カリナリースクールも運営しています。詳しくは、www.dusit.com をご参照ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング