株式会社ルグラン、ファッションテックサービス『TNQL』のAPIを一般公開

PR TIMES / 2020年1月8日 11時25分

無料版も提供し気象データのビジネス・マーケティング活用を推進



デジタルマーケティングのコンサルティング会社、株式会社ルグラン(本社:東京都渋谷区 代表取締役:泉浩人、山辺仁美 以下ルグラン)は、気象ビッグデータを分析し、天気や気温の変化に合わせてユーザーの好みに合ったコーディネートを提案するファッションテックサービス『TNQL(テンキュール)』を提供しています。今般、ルグランが提供するTNQLのウェザードリブンなリコメンド機能を、ウェブサイトやアプリにも簡単に実装できるよう、TNQL APIの一般公開・提供を開始いたします。

近年、気象データの活用については多くの産業やサービスで注目度は高まっているものの、日本では気象データの有効な活用方法がわからずに、天気予報としての提供・活用に留まっているケースがほとんどです。

ルグランでは、デジタルマーケティングの知見と、これまでTNQLを提供してきた経験から、気象データがビジネスに与えるインパクトの大きさを実感しており、今後、より多くのマーケターが気象データを活用することで、ビジネスをさらに加速・拡大できる可能性があると感じ、これまで個別に開発・提供してきたTNQL APIについて、今般、広く一般にも公開することとしました。

TNQL APIを活用することで、メディアサイトやECサイト・アプリなどに最新の天気予報と、その日の天気にマッチしたコーディネートをリコメンドする機能を誰でも簡単に実装することができ、トラフィックの増加やコンバージョン率の改善につなげることが可能になります。

今般提供を開始するTNQL APIは、無料版と有料版の2種類を同時にリリースします。有料版では日本を含む全世界において、GPSなどから取得するユーザーの位置情報や、施設・店舗など「任意」の地点について、最新の気象情報とその天気にマッチしたコーディネートをリコメンドする機能をAPI経由で提供します。日本国内の都道府県庁所在地や世界各国の主要空港など予め指定された約300箇所の地点であれば、原則無料で同様の機能を利用できるので、気象データの活用方法や効果を気軽に検証することが可能です。なお、天気や気温に合わせて、自社の商品や情報・コンテンツをリコメンドしたいという場合は、従来通り、個別にAPIを開発・提供も行いますので、お気軽にご相談下さい。

ルグランでは、ウェザードリブンマーケティングのパイオニアとして、今回TNQL APIを無料でも提供することで、より多くの企業がウェザードリブンマーケティングの第一歩を踏み出し、ビジネス拡大の実現に繋がることを期待しています。

【TNQL API詳細について】
無料版TNQL API: https://api.rakuten.net/legrand-legrand-default/api/tnql-coords-trial-v2
有料版TNQL API: https://api.rakuten.net/legrand-legrand-default/api/tnql-coords-v2/endpoints

■料金表


[画像: https://prtimes.jp/i/45119/5/resize/d45119-5-650200-0.jpg ]


※詳細については、お問い合わせください。

【TNQLについて】
TNQL(テンキュール)は、気象ビッグデータを分析・活用し、その日の気温・天気・降水量などから体感温度を算出し、ユーザーに最適なコーディネートをリコメンドするサービスです。日本全国約37万地点の天候情報を1キロメッシュで表示。AIがユーザーの好みのスタイルを学習し、その日のお天気に合わせて800パターンを超えるファッションイラストからリコメンドします。毎日変わるお天気に影響されることなく、いつでも自分らしいおしゃれを楽しみたい女性のために開発されました。

TNQLサービスサイト: https://tnql.jp *TNQLはモバイルに最適化したサービスです。
TNQL情報サイト: https://info.tnql.jp

【株式会社ルグランについて】
株式会社ルグランは、業界のパイオニア「オーバーチュア」の立ち上げメンバーにより設立されたデジタルエージェンシーです。この領域において10年以上の経験を持つルグランでは、ユーザーエクスペリエンスを起点としたサイト構築をはじめ、マーケティング施策全体を提案します。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング