エムティーアイの「CARADA 健診サポート」との連携開始

PR TIMES / 2021年2月18日 18時45分

医療データプラットフォーム LOOKREC が受診者からよりアクセスしやすくなります。

 株式会社エムネス(以下、エムネス)は、同社の提供する医療データプラットフォームの LOOKREC と株式会社エムティーアイの提供する「CARADA 健診サポート」との連携を図り、健康診断の受診者が健診時に撮影した医用画像データにいつでもどこでも安全にアクセスできるようになりました。

本質的な診療に役立つデータに受診者がアクセスできるように

本連携機能は健康診断や人間ドックの受診者が健康診断結果を簡単に閲覧できる専用アプリ「CARADA 健診サポート」のオプション機能として提供されるもので、クラウド上の LOOKREC に保管されている X線撮影装置、CT や MRI などの医療機器で撮影された検査画像(DICOM形式)を「CARADA 健診サポート」からシームレスに LOOKREC のDICOMビューアー機能を使って表示できるようになります。これによって、受診者が自己の健診データにさらに網羅的、一元的にアクセスできるようになるだけでなく、従来では省略、抜粋されていた本質的な医用画像データを医療機関や健診機関が管理しているのと同水準の詳細さで受診者がクラウド上で安全に保管、保有して、必要なときに医療従事者に自己の健康状態をより正確に伝える一助となります。左記により「CARADA 健診サポート」を受診者向けに利用する健診・医療機関においては、設備投資や新たなシステムの開発・統合を行わず、サブスクリプションで放射線診断専門医などのプロの利用実績のある医療データプラットフォームである LOOKREC の機能を用いて、受診者や提携医療機関向けにデジタル・クラウド時代のカスタマーエクスペリエンスの向上が図れます。

クラウドサービスの利用にさらなる安心と安全を

健診機関および医療機関から医用画像データをクラウド上の LOOKREC に高効率で安全に転送するための DICOM レシーバーならびにデータアップローダーにエムネスの技術が活用されています。上記の連携では、株式会社エムティーアイが株式会社サイバートラストとともに開発した「CARADA ブリッジ」※を導入することで、健診機関および医療機関とクラウドとの間の通信のセキュリティがさらに向上します。
エムネスはこれからも「身体のありのままの状態を正確にリアルタイムに伝えて、医師や医療従事者が患者のために理想の医療を提供できるようにすること。」というミッションを掲げて、さまざまな医療や健康に関わるサービスや事業者との連携を加速していきます。

※「CARADA ブリッジ」について
医療・健診機関に設置して、医療画像データを含む要配慮個人情報のクラウドとの通信時により堅牢なセキュリティを実現するためのインターネット中継器。

◆株式会社エムティーアイ
エムティーアイは、豊富な実績とノウハウを生かし、『music.jp』『ルナルナ』をはじめ、「ヘルスケア」「フィンテック」「音楽・電子書籍」「生活情報」など、ICTを活用し毎日の暮らしを豊かにそして便利にするサービスを提供しています。2012年にはヘルスケア事業本部を立ち上げ、より多くの人が健康で豊かな生活を実現できるよう、幅広い世代の健康をサポートしています。

◆株式会社サイバートラスト
認証・セキュリティサービスとLinux/OSSサービスの技術や実績を組み合わせ、先端分野に向けて、「ヒト・モノ・コト」の正しさを証明し、お客様のサービスの信頼性を支えるサービスを推進しています。

◆株式会社エムネス
事業内容:遠隔画像診断ならびに医療データプラットフォームの開発
代表取締役:阿部 伸一
創業:2000年
広島オフィス:〒734-0023 広島県広島市南区東雲本町1-2-27
東京オフィス:〒105-7508 東京都港区海岸1-7-1 東京ポートシティ竹芝オフィスタワー 8F

◆お問い合わせ
本件に関するお問い合わせは、担当 岡 拓磨までお願いします。
電話 03-6453-0353
メール info@mnes.org
URL: https://www.mnes.org/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング