【その美容液、本当に浸透してる?】肌の水分量が低下したと感じる女性は8割!お肌の「補水」は足りてる!?

PR TIMES / 2020年6月25日 16時40分

肌の水分量を補うのは水?

株式会社オーブス(本社所在地:長野県北安曇郡、代表取締役:岸 清美)は、35歳以上の女性を対象に、「大人女性の肌ケア事情」に関する調整を実施しました。



「ケアしているのにまた小じわが…」

毎日のスキンケアに時間をかけているという女性は少なくないでしょう。
しかし、年齢を重ねるにつれて、肌悩みはどんどん増えてくるものです。
そのため、スキンケアに使うアイテムが昔より増えてきた…という方も多いのではないでしょうか。

また、若い頃は気にならなかった肌の乾燥が加速し、小じわやシワ、たるみなどが目立ってきたなんてことも…。
「しっかりケアしているのに肌悩みが尽きない!」という方は、もしかしたら、肌の水分量がたりていないのかもしれません。

あなたが普段使っているスキンケア用品は、肌の水分量を高めてくれていますか?
もしかしたら、あなたの肌ケアは見直す必要があるかもしれません。

そこで今回、株式会社オーブス( https://orbs-i.co.jp/)は、35歳以上の女性を対象に、「大人女性の肌ケア事情」に関する調整を実施しました。
年齢を重ねるにつれて肌悩みが増えてきたという方は、ぜひ参考になさってください!


意外!?大人女性が気になる肌悩みはこれだ!

はじめに、大人になるにつれて女性の肌はどのように変化したのでしょうか?


[画像1: https://prtimes.jp/i/47070/5/resize/d47070-5-931735-0.png ]


「若い頃の肌と比べて今の肌は、どのような変化が感じられますか?(複数回答可)」と質問したところ、『シミが目立つ(61.0%)』と回答した方が最も多く、次いで『たるみが目立つ(40.3%)』『小じわが増えた(39.8%)』『くすみが目立つ(37.1%)』『乾燥が目立つ(31.9%)』『しわが深くなった(24.8%)』『大人ニキビが気になる(15.0%)』と続きました。

若い頃は紫外線を浴びてもシミを気にすることは少なかったと思います。
その時の影響が肌悩みの要因であるシミとして、年齢を重ねるつれて出てきたのかもしれません。
では、何歳頃からその肌悩みに悩む方が多いのでしょうか?

「何歳からその肌悩みが現れてきましたか?」と質問したところ、7割以上の方が『30代後半~40代前半(46.4%)』『40代後半~50代前半(29.5%)』と回答しました。

早い方では20代のうちから肌悩みが現れる方もいるようです。
40代に向けて肌の悩みが増える可能性もあるので、なるべく早く対処したいですね。


若い頃の肌と今の肌は違う!若い頃のスキンケアを変えたほうが良い理由

肌悩みが増えるにつれ、スキンケアアイテムも今までとは違うものを使っている方も多いと思います。
まだ肌悩みが少なかった若い頃と比べ、スキンケアはどのように変わったのでしょうか?


[画像2: https://prtimes.jp/i/47070/5/resize/d47070-5-734030-1.png ]


「20代と比べて今のスキンケアはどのように変化しましたか?」と質問したところ、『保湿クリームを使うようになった(41.5%)』と回答した方が最も多く、次いで『美容液を使うようになった(23.1%)』『プレ化粧水を使うようになった(11.6%)』と続きました。

乾燥はシミやしわ、くすみの原因に繋がります。
そのため、年齢に合わせて保湿を重視したスキンケアアイテムに変えた方が多いのでしょう。


「しっかりケアしたのに…」肌の水分量が減ったと感じる女性は8割も!?

「昔のようなハリがなくなった…」「乾燥することが増えた」と感じる方も多いでしょう。
年齢を重ねるにつれて肌の水分量も低下してきます。


[画像3: https://prtimes.jp/i/47070/5/resize/d47070-5-868045-2.png ]


そこで、「20代と比べて肌の水分量が減ったと感じますか?」と質問したところ、なんと8割以上の方が『減ったと感じる(49.5%)』『少し減ったと感じる(33.2%)』と回答しました。

では、実際にどのようなときにそう感じるのでしょうか?

■「肌の水分量が減ったかも…」と感じるとき


以前は冬の時期に乾燥を感じたが、今は年中乾燥しているように感じる(40代/会社員/青森県)
夕方鏡を見たとき(40代/会社員/宮城県)
お風呂上がり直後に乾燥すること(50代/パート・アルバイト/東京都)
小じわが目立つとき(50代/専業主婦/北海道)


冬だけでなく1年中保湿ケアをするようになったり、夕方になると粉が吹いていたりと様々な場面から肌の水分量の低下を感じる方が多いようです。


[画像4: https://prtimes.jp/i/47070/5/resize/d47070-5-285659-3.png ]


続いて、「肌の水分量が減ったことに対して何か対策はしていますか?」と質問したところ、『保湿クリームを使っている(30.8%)』と回答した方が最も多く、次いで『化粧水で念入りにケアしている(27.2%)』『何も対策していない(16.8%)』『美容液を使っている(16.1%)』『シートマスクを使っている(8.1%)』と続きました。

肌の水分量の低下から様々なアイテムを使って対策しているようですが、水分量に変化はあったのでしょうか?

そこで、「その対策で肌の水分量はどう変わりましたか?」と質問したところ、3割以上の方が『変わらなかった(10.8%)』『あまり良くならなかった(24.2%)』と回答しました。

高い美容液や保湿クリームを買ったのにもかかわらず、あまり効果が見込めないとショックですよね。
保湿対策をしているのに改善できなかった方も居るようです。

肌の水分量が良くなったと感じた人がいる以上、もしかしたら肌の保湿対策に効果的な方法が別にあるのかもしれません。


衝撃!肌の水分量低下に"プレ化粧水"を使用していない!?

実は、老化の原因は乾燥だけでなく、肌の水分量も関係しています。

[画像5: https://prtimes.jp/i/47070/5/resize/d47070-5-481725-4.png ]

そこで、「肌の水分量が不足すると老化が加速してしまうことを知っていますか?」と質問したところ、6割近くの方が『知っている(59.8%)』と回答しました。

こんなに多くの方が肌の水分量の大切さを知っているのにもかかわらず、あまり改善が見込めていない原因にはスキンケアアイテムが肌に浸透していないことが挙げられるかもしれません。

化粧水や美容液を肌に浸透させるためには、まず肌の水分量を補わなくてはいけません。
そこで、肌の水分量を補うのに最適なのがプレ化粧水なのです。

プレ化粧水とは、化粧水の前に使うスキンケアアイテムのことです。
プレ化粧水を使うことで、化粧水が肌に浸透しやすくなります。

では、プレ化粧水を使ったことがある方はどのくらいいるのでしょうか?


「肌の水分量を補うためにプレ化粧水を使ったことがありますか?」と質問したところ、なんと8割近くの方が『ない(78.5%)』と回答しました。

多くの方が使ったことがないプレ化粧水ですが、プレ化粧水を使うとどのような効果が得られるのでしょうか?

■プレ化粧水を使ったことがある方の感想


肌への浸透が良い(40代/会社員/東京都)
後で使うスキンケア化粧品の馴染みが良くなった(40代/自営業・自由業/大阪府)
乾燥があまり気にならなくなった(50代/専業主婦/神奈川県)
肌が柔らかくなった(50代/会社員/埼玉県)

化粧水の浸透が良くなったのはもちろん、乾燥が気にならなくなったり、肌がやわらかくなったりと様々な効果が見込めることが分かりました。

今のスキンケア方法に満足していない方は、プレ化粧水を導入してみるのがいいかもしれません。


肌には「保水」ではなく「補水」を

今回の調査で、若い頃に比べて肌悩みが増えている方が多いということが分かりました。
若い頃の肌に比べると、どんどん水分量が減り、乾燥が目立ってくるのでその分肌悩みも増えてしまうのでしょう。

しかし、スキンケアをただ高いものに変えればよいというわけではありません。
乾燥を改善するには、肌に水を保つ「保水」の前に、肌に水を補う「補水」をすることが重要です。
重要なのは、肌に補水をして潤いを与え、栄養素を補うことなのです。

「老化現象は年のせいだから仕方ない…。」と諦めずに、今のスキンケアを思い切って変えてみましょう。
乾燥しがちな肌に水を補うような"プレ化粧水"があれば、あなたの肌は変わり始めます!


夏に合ったスキンケアアイテムを使って心地よいスキンケアタイムを過ごそう!



[画像6: https://prtimes.jp/i/47070/5/resize/d47070-5-833147-5.jpg ]

「肌の水分量が足りない!」
「高い美容液を使ってもいまいち効果が出ない!」

と悩める女性におすすめなのが、『夢水肌 スキンベースウォーター』( https://orbs-i.co.jp/products/yumemihada/)です。

皆さんは観葉植物が乾燥しているときに何を与えますか?

いきなり栄養剤を刺したりはしないですよね。
まずは渇きを潤す「水」を与えることが大切です。

肌もそれと同じで「水」を与えてあげることが重要なのですが、今までのケアはオイルなどで肌の水が外に出ないようにする「保水」のケアばかりでした。

しかし、植物の例で分かるように重要なのは水を与えること、水を補うこと、つまり「補水」です。
そして水を補う「補水」は水にしかできません。

しっかりと肌が水で満たされていることで、その後に肌に与える美容成分や、肌の外に水を出さない「保水」のケアが効果を発揮します。
弊社の長年の研究開発により完成した『夢水肌 スキンベースウォーター』は、肌を水で満たされている状態にする「補水」のケアに特化した化粧水です!

お試しいただくとわかるのですが、本当に水です!
非常にキメの細かい水に「補水」に特化した微量ミネラルが配合をされておりますので、しっかりと肌に水による潤いを与え、肌本来の美しさを引き出します。

さらにプレ化粧水として普段のスキンケアの前に使うだけでOKなので非常にお手軽!
合成の化学剤は一切不使用ですので、肌トラブルが起こりやすい方にもおすすめです。

また、夏にぴったりなサラサラの使用感なので、暑い夏のスキンケアタイムもストレスがかかりません。

べたべたしないので、女性だけではなく、男性のスキンケアにもおすすめです。

肌の潤いが不足している、乾燥肌に悩まされている、肌の老化が気になるという方は、ぜひ『夢水肌 スキンベースウォーター』を使って肌に補水してみるのはいかがでしょうか?


オーブス株式会社



[画像7: https://prtimes.jp/i/47070/5/resize/d47070-5-605562-6.jpg ]

■オーブス株式会社 : https://orbs-i.co.jp/products/yumemihada/
■TEL : 0261-72-8177
■お問い合わせ : http://mizu-orbs.jp/publics/index/3/


調査概要 : 「大人女性の肌ケア事情」に関する調査
【調査日】2020年6月12日(金)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,026人
【調査対象】35歳以上の女性
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング