【COACHTECH】フリーランス特化型プログラミングスクールへリニューアル!!

PR TIMES / 2020年5月29日 12時5分

株式会社estra(本社:東京都港区、代表取締役CEO:福場凜太郎)が運営するプログラミングスクール【COACHTECH】は、フリーランス特化型プログラミングスクールへリニューアルいたします。

COACHTECHは、フリーランスエンジニアを目指している方々に向けたプログラミングスクールへとリニューアルいたします。
現役フリーランスエンジニア監修のオーダーメイドカリキュラムにより、実際に現場で利用される技術を身に着ける事が出来ます。
また現役で活躍しているフリーランスエンジニアが専属コーチとして生徒一人一人をサポートし、COACHTECH受講後にフリーランスとして活躍できる人材を育成いたします。

これまで、2ヶ月間短期集中のコースのみでしたが、お忙しい方でも受講していただけるよう、新たに3ヶ月間コースを開設いたしました。



[画像: https://prtimes.jp/i/54050/5/resize/d54050-5-529142-1.png ]


■リニューアルとコース増設の背景
今回フリーランス向けプログラミングスクールへリニューアルした背景としては、生徒様の理想のキャリアとして「フリーランス」になり、自由な働き方をしたいという声を多くいただいたことです。

しかし、現在のプログラミングスクールは転職・就職に重きをおいたスクールは多いですが、フリーランスエンジニアになることを目的としたスクールは少ないです。

COACHTECHでは、フリーランスになりたい方の目標達成を全力でサポートいたします。フリーランスエンジニアとして稼げるレベルの技術力、成長し続けられる学習の習慣力を身につけ、稼げるエンジニア人材を育成いたします。

また新たに3ヶ月コースを増設した背景としては、毎日の学習時間があまり取れない方や、余裕を持って学習を進めたい方でも、COACHTECHを受講していただき、フリーランスエンジニアを目指せる環境を提供するためです。


■COACHTECH特徴
特徴1 コーチングを用いた、学習管理とモチベーション維持
多くのプログラミングスクールではティーチングのみの指導が一般的ですが、COACHTECHではコーチングを用いることで生徒の学習管理とモチベーション維持を可能にしています。

また、一過性のプログラミング学習にならないよう卒業後の年間学習計画も作成し、プログラミング力が向上するようサポートしています。

特徴2 案件を体験しながら学習できるカリキュラムをご用意
現役フリーランスエンジニア監修で、実際の案件に基づいたカリキュラムをご用意いたします。要件定義から、アプリを実際に作り上げ、納品まで行うため、現場に近い感覚を身につけながら学習することができます。

また、生徒一人一人にオーダーメイドのカリキュラムをご用意しています。生徒の学習状況に応じた、最適なカリキュラムを提供することで、最短で目標達成をするサポートをしています。

特徴3 現役で活躍している優秀なエンジニアをコーチとして採用
COACHTECHでは、専属コーチを採用する際に厳しい採用条件を設けているため、所属している専属コーチは、現役で活躍している優秀なエンジニアのみです。
また、専属コーチには、コーチング技術を身に着けていただくため、コーチング研修を行ってから実際に生徒を担当していただいております。

■講座紹介

【標準学習期間】
2ヵ月
【受講料】
一括払い:250,000円(税込)
分割払い:¥12,122~円 × 24回 ※年率15%の場合

【標準学習期間】
3ヶ月
【受講料】
一括払い:300,000円(税込)
分割払い:¥15,610~円 × 24回 ※年率15%の場合

▼COACHTECHに関して、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
URL: https://coachtech.site

※リリース内容は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

[表: https://prtimes.jp/data/corp/54050/table/5_1.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング