エクストリーム ネットワークス、すべての主要なクラウドプロバイダーで利用可能な業界初のクラウドネットワーキングソリューションを提供

PR TIMES / 2020年6月22日 11時40分

Amazon Web Services、Google Cloud Platform、Microsoft Azureで利用可能なExtremeCloud IQがこれまでにない柔軟性と選択肢を顧客に提供



[画像: https://prtimes.jp/i/54658/5/resize/d54658-5-849378-0.jpg ]

Extreme Networks, Inc. (本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、最高経営責任者:Ed Meyercord)の日本法人、エクストリーム ネットワークス株式会社(以下:Extreme)は、ExtremeCloud IQがAmazon Web Services、Google Cloud Platform、およびMicrosoft Azure上で完全に運用可能になったことを発表しました。本日の発表により、Extremeは、主要なパブリッククラウドプラットフォーム全体、ならびにプライベートクラウドとオンプレミスクラウド環境でISO / IEC 27001認定のクラウド管理&実装を同時に提供する唯一のクラウドネットワーキング企業となりました。Extremeは、顧客に前例のない柔軟性と選択肢を提供することで、業界初の企業としてリーダーシップを確立してきます。

パブリッククラウド環境でホスティングを目的としたクラウドネットワーキングソリューションの競争環境:
· Amazon Web Services– Extreme Networksおよびすべての競合他社
· Google Cloud Platform – Extreme Networksのみ
· Microsoft Azure– Extreme Networksのみ

メリット:
· ExtremeCloud IQの契約者は、機能的ニーズと企業ガイドラインに基づき、クラウドホスティングプロバイダーを選択し、異種プロバイダー間の移動を可能にする比類のない選択肢と柔軟性を備えています。

· Extremeは、12か国、5つの大陸にある16のデータセンターのグローバルフットプリントを展開しているため、契約者に対して地理的な要件に応じて選択できる柔軟性を提供します。100万台を超えるデバイスが、継続的な運用(計画外のダウンタイムがゼロ)が可能なクラウドプラットフォームで管理されています。

· パブリッククラウドオプションに加えて、ExtremeCloud IQクラウドの独立性は、お客様の環境へも拡大できます。 ExtremeCloud IQは、パブリッククラウド、プライベートクラウド、またはオンプレミスでも管理できる唯一のクラウドソリューションです。

ExtremeCloud IQの特徴:
· ExtremeCloud IQは、前例のないクラウドの選択肢、業界で最も柔軟な導入モデル、無制限のデータソースを提供します。 MLとAIで構築され、アジャイルネットワークと分散ネットワークを構築、保護、維持するためのデータ収集を支援するExtremeCloud IQは、現在業界唯一の第4世代クラウドプラットフォームです。

· ExtremeCloud IQは、100万台を超えるデバイスを管理し、1日に800万以上のクライアントデバイスが接続され、そして毎日46億以上の管理メッセージが取り込まれ、ExtremeCloud IQのMLとAIエンジンにフィードされています。管理下にあるインフラストラクチャデバイス、およびこれらのデバイスに接続されたクライアントが1日あたり6ペタバイト以上のデータを処理します

· ExtremeCloud IQはマルチサービスレベルで利用できます。ExtremeCloud IQ Connectは基本的なデバイス管理を提供し、サポートされているハードウェアプラットフォームを購入すると無料で利用できます。ExtremeCloud IQ Pilotは、ExtremeCloud IQ Connectの機能を基盤とし、MLやAIドリブンのインサイトや分析など、高度なインフラストラクチャ管理、レポート作成、修復ツールを提供します。Pilotサブスクリプションは、管理対象のデバイス、パブリック、プライベート、オンプレミスの展開方法、優先するクラウドサービスパートナーに関係なく、$150 USD(米国定価(参考価格))で利用可能です。

· 7月1日以降、すべての新しいExtremeCloud IQ Pilot契約者は、サブスクリプションの有効期間中、データへの無制限のアクセスが可能になります。既存のExtremeCloud IQ契約者は、今年中に無制限へのデータアクセスに対応するプランにアップグレードされます。エクストリームの無制限データ提供は、業界で比類のないクラウドデータおよびインサイトへのアクセスを実現することで、業界の新しい標準となります。

· グローバルデータプライバシー規則(GDPR)などのコンプライアンス要件をサポートするために、すべてのExtremeCloud IQのお客様は、サブスクリプションの一部としていつでもデータを削除する機能を保持し続けます。

エグゼクティブの視点:
Extreme Networks、最高製品&エンジニアリング責任者、Nabil Bukhari(ナビル・ブカーリ)談:
「他社が検討を重ねる一方で、私たちは長いゲームを解決するクラウドネットワーキングプラットフォームの提供に取り組んできました。 選択と柔軟性をネイティブに設計、開発、維持することは簡単な作業ではありませんが、絶え間なく変化するビジネスニーズを満たすために、比類のない選択肢と柔軟性をお客様に提供する必要があります。」

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング