下請町工場が作った音質改善アクセサリー誕生!

PR TIMES / 2020年8月11日 18時45分

圧倒的な臨場感があなたのホームシアターに!!

KaMS(愛知県名古屋市)の代表取締役 貝沼直人は、音響改善アクセサリー「Sound element」を開発。




【音質改善アクセサリー「Sound element」は、スピーカーケーブルの間に取付けるだけで、音のクリア感、臨場感が格段にアップし、原音に近づける事が出来るオーディオアクセサリーで、家庭のオーディオ環境でライブさながらの感動を体感できます。現在、SE-H1042DとSE-H4419Rの2ラインナップで展開中です。

企画、設計、製造全てを愛知県名古屋市で行っています。コロナ禍で自宅滞在時間が増える中、音楽や映画をより一層 家族や友人と楽しむ事が可能です。

[画像1: https://prtimes.jp/i/61988/5/resize/d61988-5-324716-0.png ]



【製品特性】
1.アンプとスピーカーの間のコードに入れるだけで簡単に使用可能
「Sound element」は、アンプとスピーカーの間に入れるだけで音質が改善されるアクセサリーです。取付けは自己で5分で可能。オーディオ業界に一石投じます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/61988/5/resize/d61988-5-115471-1.png ]



2.全て自社で設計・製造
銀色に輝くボディは無垢のステンレスブロックからの削り出しで加工。ずっしりとした重量感が特徴。火力発電所向けの精密加工で実績を積んだ技術で、ピンや端子等、全ての加工を愛知県名古屋市の自社工場で行っています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/61988/5/resize/d61988-5-686948-2.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/61988/5/resize/d61988-5-158249-3.png ]

3.特許出願中
現在特許申請中の技術で「Sound element」を取り付ける事によりノイズ除去の効果が見られます。ノイズを除去する事により、音に広がりと奥行が生まれ、これまで意識していなかった埋もれていた音一つひとつが聞こえる様になり、ヴォーカルの息遣いや、演奏のテクニックなどを楽しむ事が可能となります。
[画像5: https://prtimes.jp/i/61988/5/resize/d61988-5-887171-4.png ]

4.デザインへのこだわり
自社で設計・開発・製造をするからこそ、加工効率の追求こそが究極の
機能美と考え、シンプルで邪魔にならないデザインが高級感を生み出し、あなただけのアイテムになります。


[画像6: https://prtimes.jp/i/61988/5/resize/d61988-5-310744-5.png ]


5.車用への展開
「Sound element」は、家庭用だけではなく、車用でも展開中。
車の中での再現が難しいヴォーカルの息遣いやピアノ等の楽器の音を
原音に近づける事が可能です。

【商品概要】
◆SE-H1042D サイズ φ88×54(端子含まず)
 重量 1つ 1300g
 内容物 本体・説明書・お試しケーブル1m ×2本
 価格  11万円+消費税

◆SE-H4419R サイズ φ88×54(端子含まず)
 重量  1つあたり 1300g
 容物 本体・説明書・お試しケーブル 1m ×4本
 価格 30万円+消費税

【購入サイト】 https://kams.co.jp/
 ~ 開発ストーリーも自社サイトにありますので、是非ご覧ください ~
   https://kams.co.jp/?mode=f10

【問合せ先】
 株式会社 KaMS
 愛知県名古屋市南区豊2丁目12-81
 TEL:052-750-1971
 Mail:info@kams.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング