採用難易度の高いエンジニア採用に成功【arimamaワンストップ導入事例:株式会社コラビット様】

PR TIMES / 2020年11月12日 12時45分

~スタートアップで少数精鋭だからこそ、採用、広報、定着も全部狙ってやる。そのための方法がメンバーにフォーカスしたTwitterとオウンドメディアでの発信でした~

■HRに特化したオウンドメディア構築・運用支援サービス『arimama』:
https://arimama.net

企業の採用戦略策定から実行・運用までを一貫して支援し、HRに特化したオウンドメディア構築・運用支援サービス等を提供する株式会社FanReC(本社:大阪府東大阪市、代表:濱田 悠佑、読み方:ファンリク、以下:FanReC)は、株式会社コラビット( https://collab-it.net/)に対して、採用戦略設計からSNSチャネルを使った母集団形成支援、採用オウンドメディアの設計、構築、運用・改善を伴走型で一貫してサポートするサービス『arimamaワンストップ』(アリママ ワンストップ)の提供を開始いたしました。



東京都でAIを活用した不動産Tech事業を展開している株式会社コラビット様にて、採用戦略設計からSNSチャネルを使った母集団形成支援、採用オウンドメディアの設計、構築、運用・改善を伴走型で一貫してサポートするサービス『arimamaワンストップ』(アリママ ワンストップ)を導入いたしました。

[画像: https://prtimes.jp/i/64720/5/resize/d64720-5-734294-0.png ]


コラビット社が提供している「HowMa(ハウマ)」は、レガシーな不動産業界の負の側面に着目し、無料で不動産のAI査定が利用できるサービスとして社外から注目を集めています。注目のスタートアップであるコラビット社は、Twitterや自社オウンドメディアでの採用広報に取り組むことで、採用難易度の高いエンジニア採用の成功につなげています。

◆導入背景


スタートアップゆえ、リソースが限られおり、人材採用のノウハウが不足していた。一方で、「HowMa」のサービスのグロースに向けて、エンジニア人材の採用が急務だった。サービスのグローススピードと人員体制の強化を同じくらいのスピードで取り組みたかった。
少数精鋭のスタートアップベンチャーだからこそ、メンバーのキャラクターや想い、価値観を前面に打ち出すことで差別化できると考えた。
TwitterというSNSを使った発信は、採用活動以外にも、広く認知を得るためのPR効果も狙えると考えた。


◆導入効果(求職者エンゲージメントの向上)


求人媒体から応募されたエンジニアの方が発信したコンテンツを事前に読み込んでくれて、コラビットへの理解度・解像度が高まっている。
創業秘話や企業のミッション・ビジョン・バリューなどを含め、目指したい世界観や価値観の部分は、事前に見ていただくことで共感を得られやすく、ゼロから説明する必要もなくなったことで、説明コストは格段に下がった。
採用面接では、コラビットの基本部分は理解できている前提なので、もっと深いコミュニケーションに時間を使うことができ、求職者・当社の双方にとって良い場にできている。 


◆副次効果(従業員エンゲージメントの向上)


社員一人ひとりにフォーカスしたインタビューを記事コンテンツ化したことで、「この人、こんなこと考えていたんだ」とお互いが大切にしている価値観、「人となり」を知るきっかけとなり、社内の人間関係が円滑になった。


上記のように、上流の採用戦略の設計に取り組み、求職者の潜在状態から、顕在状態の魅力付け強化である「求職者エンゲージメント」、そして、副次的効果として、自社の人と仕事と想いを届けるコンテンツによって、社内の「従業員エンゲージメント」の両面の向上につなげています。

◆詳細のインタビューは、下記リンクよりご覧ください
ファン採用への取り組み「スタートアップで少数精鋭だからこそ、採用、広報、定着も全部狙ってやる。そのための方法がメンバーにフォーカスしたTwitterとオウンドメディアでの発信でした。」(株式会社コラビット様:エンジニア採用)
https://arimama.net/case/834/


◆会社概要
【株式会社FanReC】
企業名:株式会社FanReC(ファンリク)
代表者:代表取締役 濱田 悠佑
所在地:大阪府東大阪市
設立 :2019年8月
事業内容: HRコンサルティング/マーケティング/ブランディング/エンゲージメント向上支援事業、HRに特化したオウンドメディア構築・運用支援サービス『arimama』の提供
URL:コーポレートサイト: https://fan-rec.com
サービスサイト: https://arimama.net

◆本件に関する企業様、報道関係様のお問い合わせについて
株式会社FanReC(ファンリク)
担当:道場(ドウジョウ)
Email:info@fan-rec.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング