1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

第一生命保険がクリーンエナジーコネクトと金融機関初となる生グリーン電力提供(オフサイトコーポレートPPA)契約を締結

PR TIMES / 2021年9月24日 18時15分



[画像: https://prtimes.jp/i/71691/5/resize/d71691-5-98478dc2da7b63138337-0.jpg ]

 株式会社クリーンエナジーコネクト(代表取締役:内田鉄平、以下「クリーンエナジーコネクト」)は、第一生命保険株式会社(代表取締役社長:稲垣 精二、以下「第一生命」)が保有する大規模オフィスビル3棟に対して、太陽光発電からの生グリーン電力を20年間にわたって提供するオフサイトコーポレートPPAサービス契約を締結しました。

 第一生命は、RE100への加盟などを通じて、これまでも保有不動産における消費電力の再生可能エネルギー化を推進されていましたが、気候変動対策として、より積極的に再生可能エネルギー電源の導入拡大に寄与するため、国内の金融機関では初めてとなる、第一生命専用の太陽光発電所を新規に開発するオフサイトコーポレートPPA手法により、クリーンエナジーコネクトと長期供給契約を締結することとなりました。

 本取り組みは、環境省令和3年度「オフサイトコーポレートPPAによる太陽光発電供給モデル創出事業」の交付決定を受けており、脱炭素化の推進に資する国内のオフサイトコーポレートPPA事業のパイロットモデルとして実施するものです。クリーンエナジーコネクトは、今後も再生可能エネルギー電源の導入拡大を積極的に推進することで、地球規模での気候変動対策に真摯に取り組みながら、脱炭素社会の実現に貢献してまいります。

【事業の概要】
 クリーンエナジーコネクトが、第一生命の所有する大規模オフィスビル3棟専用に合計2MWの低圧太陽光発電所を開発し、発電したグリーン電力を当該オフィスビル3棟へ20年間の長期にわたって環境価値とともにお届けするものです。
 低圧分散型の太陽光発電所は、山林を切り開くことなく、農地の跡地などの平地を利用して設置します。周辺環境への影響を与えることなく、また近年頻発している天候不順や自然災害によるリスクを分散させて安定した発電量を確保します。

【オフサイトコーポレートPPA】
 オフサイトコーポレートPPAとは、オフサイトコーポレートPower Purchase Agreement(電力購入契約)を省略したもので、発電事業者が需要家専用の発電所を電力需要施設の敷地から離れた場所に新しく開発・設置し、発電した電力を環境価値と共に電力需要施設に送る長期契約を結ぶものです。都市部のオフィスビルでは、敷地内や屋根での太陽光発電設備の設置が困難なケースが多いと言われています。敷地外に発電設備を設置するオフサイトコーポレートPPAは、海外の環境先進企業では導入が進んでおり、日本国内でも民間による再エネ導入策として注目されている方法です。

【会社概要】
■第一生命保険株式会社
 所在地    東京都千代田区有楽町1-13-1
 代表者    代表取締役社長 稲垣  精二
 事業概要   生命保険事業

■株式会社クリーンエナジーコネクト
 所在地    東京都品川区東五反田5-11-1
 代表者    代表取締役 内田 鉄平
 事業概要   法人向けNon-FIT再エネ発電事業、グリーン電力ソリューション事業
 URL https://cleanenergyconnect.jp

※環境省 令和3年度「オフサイトコーポレートPPAによる太陽光発電供給モデル創出事業」
正式名称:令和3年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(PPA活用など再エネ価格低減等を通じた地域の再エネ主力化・レジリエンス強化促進事業)のうち「オフサイトコーポレートPPAによる太陽光発電供給モデル創出事業」株式会社クリーンエナジーコネクト(代表取締役:内田鉄平、以下「クリーンエナジーコネクト」)は、第一生命保険株式会社(代表取締役社長:稲垣 精二、以下「第一生命」)が保有する大規模オフィスビル3棟に対して、太陽光発電からの生グリーン電力を20年間にわたって提供するオフサイトコーポレートPPAサービス契約を締結しました。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング