1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

SBT認定企業の河田フェザーが手掛ける新奇な『WRK羽毛ふとん』ついにベールを脱いだ!

PR TIMES / 2021年10月19日 17時15分

河田フェザー株式会社(本社:三重県多気郡明和町、代表取締役 河田 敏勝)は、2021年10月11日(月)より応援購入サービス「Makuake」にて『WRK二枚合わせふとん』 の先行販売を開始しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/73134/5/resize/d73134-5-d57b3c4a63cc11f5cc38-9.jpg ]

プロジェクト商品購入ページ: https://www.makuake.com/project/wrk_futon/

【商品概要】
商品名 SBT認定企業が手掛ける、業界を超越したWRK二枚合わせふとん!
*Washable 水洗いをして乾燥機にかけても縮まない羽毛抜けしないウォッシャブル加工を施した側生地。   
*Recycle 二酸化炭素排出削減。新毛よりも綺麗な環境問題に向き合ったリサイクルダウンを使用。
*Kawada 羽毛の洗浄に適した環境、伊勢平野に構える自社工場にてきめ細やかな還元力のある超軟水をふんだんに使用。臭いの原因となるアカやホコリ、夾雑物を徹底的に取り除き、新毛よりも綺麗で清潔な羽毛へと精製加工を行う。
[画像2: https://prtimes.jp/i/73134/5/resize/d73134-5-387baa99a84b02f22e9e-21.png ]

SCIENCE BASED TARGETS(SBT)とは…パリ協定の水準に整合する、企業の温室効果ガス排出削減目標のこと。SBTはWWF(世界自然保護基金)やCDP(カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)、WRI(世界資源研究所)及びUNGC(国連グローバル・コンパクト)によって共同運営されている活動です。

【特徴】
通常の綿100%の側地では本来洗うことができない羽毛ふとん。なんとそれにスーパーウォッシャブル加工を施し、丸洗いができ乾燥ができる綿100% 80サテンが実現しました。中身には、リサイクル羽毛のグリーンダウン90%を使用。
[画像3: https://prtimes.jp/i/73134/5/resize/d73134-5-671918150a5f898a60ef-11.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/73134/5/resize/d73134-5-888f782a73f707934839-12.png ]


河田フェザー独自の洗浄技術により、使い古した羽毛を新品よりもアカやホコリが少ない羽毛へと回復。二枚合わせふとんのため、オールシーズン通して使用が可能。夏には肌掛けふとんとして、春秋には合掛けふとん。そして、冬には二枚合わせの掛けふとんとして大活躍間違いなし!

仕様 サイズ:約150×210cm
側生地:綿100% 80サテン
    スーパーウォッシャブル加工
詰め物:リサイクル羽毛90%
    (グリーンダウン)
    ダウン90% フェザー10%
合掛けふとん:0.9kg
肌掛けふとん:0.3kg
      (二枚合わせ 合計1.2kg充填)
製造国:日本製
[画像5: https://prtimes.jp/i/73134/5/resize/d73134-5-e5f09e64fa43e4e83c1e-13.jpg ]


クラウドファンディング「Makuake」プロジェクトについて
SBT認定企業が手掛ける、業界を超越したWRK二枚合わせふとん!
目標金額:200,000円
期間:2021年10月11日~同年11月19日
通常価格:57,100円(税込)

1.【超超超早割】限定10枚 40%OFF
シングルサイズ1枚 34,260円
2.【超超早割】限定30枚 30%OFF
シングルサイズ1枚 39,970円
3.【超早割】限定50枚 20%OFF
シングルサイズ1枚 45,680円
4.【早割】限定100枚 10%OFF
シングルサイズ1枚 51,390円        
プロジェクト商品購入ページ: https://www.makuake.com/project/wrk_futon/
[画像6: https://prtimes.jp/i/73134/5/resize/d73134-5-c3109420a07a7e8778a5-4.jpg ]

※【グリーンダウン】とは?
グリーンダウンとは、一度使用された羽毛製品を国内で回収し、中から取り出した羽毛を日本の工場内で洗浄後、回復処理したリサイクル羽毛のことです。 日本では今まで、製品に使用した羽毛を使い捨てにしていました。しかし、羽毛は適切な手入れをすれば100年以上は使い続けることができる循環資源です。きちんとした品質基準を決めたリサイクル羽毛です。
[画像7: https://prtimes.jp/i/73134/5/resize/d73134-5-1e76c90218db56e4c15f-5.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/73134/5/resize/d73134-5-dff02850f709f002d302-6.jpg ]

〈Green Down Project とは〉
今、世界の羽毛供給量は減少を続けています。羽毛は洗浄、精製加工することで新毛よりもきれいな「再生羽毛」として生まれ変わります。一企業の技術だけでは「羽毛循環サイクル社会」は実現できません。羽毛に関わる企業をはじめ地域社会、そして生活者一人ひとりの理解と協力により羽毛循環システムがつくられます。それを推進していくのが、Green Down Project(グリーンダウンプロジェクト)です。全国で下記のダンボール回収BOXをアパレル、セレクトショップ様などの店頭にて回収を行っております。回収場所の詳細は、下記URLよりお近くの回収場所をご参照ください。
Green Down Project ページ: https://www.gdp.or.jp

セレクトショップでの回収ボックス
[画像9: https://prtimes.jp/i/73134/5/resize/d73134-5-dd517834eb7259b07f2a-17.jpg ]


羽毛の循環サイクル社会のイメージ
[画像10: https://prtimes.jp/i/73134/5/resize/d73134-5-ee94ef939f043234e2f7-18.jpg ]


■ 会社情報
河田フェザー株式会社
[画像11: https://prtimes.jp/i/73134/5/resize/d73134-5-8167c7c935cc3bb81761-20.jpg ]

明治 24(1891)年の東京で創業以来、国内唯一の羽毛素材メーカーとして、羽毛一筋に歩んできました。当社は第一次ダウンジャケットブームを創出し、羽毛市場を牽引し続けてきました。そのために羽毛のアカやホコリを極限まで取り除くために適した環境を日本中から探し、たどり着いた場所が三重県明和町。長年の経験と知識に基づいて選び抜いた場所には、奇跡的な「水」と「気候」がありました。当社は、羽毛の品質を極めることこそが一番大切な使命だと考えています。各工程での検査や試験による徹底的な品質管理。適切で確かな流通経路(トレーサビリティ)。羽毛製品を使っていただく方のことを第一に考え、これからも安心・安全で清潔な羽毛を精製し、羽毛と共に歴史を重ねていきたいと考えています。
[画像12: https://prtimes.jp/i/73134/5/resize/d73134-5-952c7fca5d5534cd948c-19.jpg ]

Company Location (本社・明和工場)
〒515-0303
三重県多気郡明和町大字山大淀3255番地
電話 : 0596-55-2431
会社URL : https://kwd.jp/
プロジェクト商品購入ページ : https://www.makuake.com/project/wrk_futon/
KAWADA ONLINE SHOP URL : https://kawada.shop
Instagram:
https://www.instagram.com/kwd_world/
https://www.instagram.com/kwdfeather_official/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング