1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

リベルタ、東京大学スポーツ先端科学連携研究機構と共同研究契約締結を発表

PR TIMES / 2021年9月7日 18時45分

“冷たい”感覚におけるパフォーマンスの効果を運動生理学的に検証、商品開発へ

株式会社リベルタ(東京都渋谷区、代表取締役 佐藤透 以下、「リベルタ」)は、東京大学スポーツ先端科学連携研究機構(UTokyo Sports Science Initiative 以下、「UTSSI」)と、機能性衣料が与える冷感効果が及ぼす身体機能への影響の検討にかかる共同研究契約を締結いたしましたのでお知らせいたします。




[画像1: https://prtimes.jp/i/77697/5/resize/d77697-5-6b12028a4eb67a8b2a6e-15.png ]

リベルタは、喜びを企画するマーケティングのプロフェッショナル企業として、美容・日用雑貨・機能衣料・食品等、様々な商品を企画開発し、販売をしています。今回、リベルタの機能衣料事業、暑さ対策クーリングウェアにて、酷暑での運動時や仕事時におけるパフォーマンスに及ぼす影響を、UTSSI とタッグを組んで共同研究いたします。共同研究では、皮膚表面に”冷たさ”を感じさせることによる運動時のパフォーマンスに及ぼす影響を検討することを目的に、汗などの水分の蒸発の結果として皮膚表面から気化熱を奪うことで感じる“冷たい”感覚が運動時のパフォーマンスに及ぼす効果を運動生理学的に検証します。



酷暑における運動パフォーマンスの低下について 

2020年の夏に熱中症で搬送された方は6万4,869人までに上り(※1)、地球温暖化の進行により2100年には最悪の場合、平均気温は最大4.8℃上昇すると予想されています(※2)。年々酷暑を増す日本国内において、炎天下で働くワーカー、アスリート、そして子どもから高齢者の方々まで多くの方が苦慮しています。
そして、今夏に開催された国際的スポーツイベントにおいても、最高気温30度を超える真夏日が続く中、「信じられない暑さ」「競技時間を変更して欲しい」といった酷暑環境での競技に対する改善を求める声が世界各国のアスリートが表明するほどの影響を及ぼしました。
そのような酷暑環境下において、リベルタとUTSSIは酷暑での運動時や仕事時におけるパフォーマンスに及ぼす影響について運動生理学の観点から検証を行い、真夏の暑さ対策に向けて始動いたします。
(※1)6~9月累計 総務省消防庁統計より参照
(※2)IPCC「第5次評価報告書」2014年,1986~2005年の平均気温と比較したRCP8.5シナリオ

◆UTSSIとの共同研究に対するリベルタの狙いについて
代田 桃/リベルタ ブランド戦略部 ブランド戦略課 フリーズテックブランドマネージャー
[画像2: https://prtimes.jp/i/77697/5/resize/d77697-5-0f82cd27d720b958a147-3.jpg ]

「年々暑さ対策が必要となっている日本の夏において、外で働く方やスポーツをされている方の暑さ対策が急務と考えています。私たちは、日常に必要不可欠である「衣類」に注目し、着ることでの暑さ対策に取り組むべく、テクノロジーを活用したクーリングウェア・ギアを開発してきました。今回UTSSIとの共同研究によって、“ただ冷たく感じる衣類“ではなく、”着ること“で運動時や仕事時のパフォーマンス低下の抑制に繋がるという、+αの価値を見出していきます。そして、年々厳しさを増す日本の夏はもちろん、世界に通用するクーリングウェア・ギアを開発していくことを目標としています。」

◆リベルタとの共同研究に対するUTSSIの狙いについて
佐々木 一茂/東京大学 大学院総合文化研究科/スポーツ先端科学連携研究機構 准教授
[画像3: https://prtimes.jp/i/77697/5/resize/d77697-5-98c6ac61fdc458fd6c72-4.jpg ]


近年、様々な機能性衣料が開発されていますが、その効果や作用機序は各企業が独自に調べていて、その詳細も不明なことが多いです。産学共同で研究することは客観的な効果検証、データに基づく製品改良、さらには機能性衣料の新たな価値の発見・創造につながるものと期待されます。
<プロフィール>
2007年3月東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了、博士(学術)。東京大学大学院総合文化研究科・助教、日本女子大学家政学部・講師、同・准教授を経て、2019年4月より現職。専門は運動生理学、特に筋力トレーニングの効果とそのメカニズム、筋肉の特性と運動能力の関係について研究している。最近はトレーニングやパフォーマンスアップに役立つ各種ツール(スポーツウエアやセンサなど)の効果検証にも取り組んでいる。


<先行研究事例>アメリカンフットボールチーム「東京大学WARRIORS」にて冷感実験を実施   


[画像4: https://prtimes.jp/i/77697/5/resize/d77697-5-9ae5ec159c5784a84edd-5.jpg ]

リベルタが展開するクーリングウェア・ギア「FREEZE TECH(以下、フリーズテック)」を用いて、東京大学のアメリカンフットボールチーム「東京大学WARRIORS」の選手40名を対象に冷感実験を実施しました(※3)。

[画像5: https://prtimes.jp/i/77697/5/resize/d77697-5-09b691784fdbf720b853-6.png ]


従来の接触冷感ウェアは「涼しいのは最初だけで、着ているうちに生地が温まってくる」という課題がありました。その課題を解決するべく、フリーズテックでは、肌に直接ふれる裏地にエリスリトール、キシリトールを含有した特殊な<氷撃冷感プリント>を施しました。実際に着用しながらの練習および練習後の感覚を選手にアンケートを取ると、回答者の半数以上が、一般的な接触冷感機能インナーよりもフリーズテックの方が『涼しい』、また『軽い』と回答しており(右図)、「汗をかくこと」でフリーズテックの持つ冷感を感じる選手が多くなりました。冷感実験を行った佐々木 一茂氏は、「フリーズテックの動きやすさは、練習中しっかり汗をかいてからも持続したようです。<涼しい>に関しては、一般的な接触冷感機能インナーと比べて差が認められ、フリーズテックの「暑さを和らげる」効果は確かに感じられたようです。アメリカンフットボールのように防具をつけて激しく動くスポーツは、暑さとの戦いは不可避です。夏場はフリーズテックを着てプレイに臨むといいかもしれません」と、フリーズテックの特殊プリント加工が「汗の冷却効果を最大化する」機能であることが分かったと研究結果のまとめとして挙げています。


※3: 東京大学運動会アメリカンフットボール部WARRIORSの部員170名。うちフリーズテックと従来の接触冷感ウェアの両方を着用した30名を対象として回答結果をグラフ化。

研究結果レポートサイト: https://lidef.jp/ft/heatrescue/report_2.html


リベルタが描く「日本の夏」に向けた商品開発について 

鞠子 裕己/リベルタ 開発部 開発課 マネージャー

[画像6: https://prtimes.jp/i/77697/5/resize/d77697-5-fe07e0de46e8b8a9a841-7.jpg ]

リベルタの企画開発における考え方
これまで、ウェアやギアを通じて「機能性/利便性/快適性」をベースに新しい価値を創造してお客様へ提供することを目的に、すべての生活者が日常をもっと快適に過ごせるための機能性衣料の企画開発をしてきました。特にエビデンスに裏付けされている点を意識し、フリーズテックの冷感プリント技術を、素材、デザイン、仕様など様々なアイデアと掛け合わせて、他社製品とは一味違うユーザビリティな商品を開発することを心掛けてきました。

UTSSIが持つ知見とリベルタがこれまで培ってきたテクノロジーが組み合わせることによる商品開発の展望
暑熱環境下におけるパフォーマンスの向上(クールダウン/疲労軽減/集中力アップなど)をサポートする製品を目指します。既存のエビデンス以外に、フリーズテックを着用することでの効果・効能の理由を明確化することで、ユーザーにとってFREEZETECHブランドの絶対的安心感を与えられる商品を開発していきたいと考えています。また、機能とエビデンスに裏付けされたこれまでにない絶対効果のクーリング製品を開発していきたいと考えています。


<リベルタのテクノロジー事例商品>フリーズテックの冷却効果で体温をコントロール   


[画像7: https://prtimes.jp/i/77697/5/resize/d77697-5-3f3a4f7abab8d398a25c-8.jpg ]

フリーズテックは、接触冷感生地に加え、裏地全面にエリスリトール、キシリトールを含有した特殊な《氷撃冷感プリント》を施しています。この”特殊冷感プリント”で処理した生地が、人の皮膚から発生する水分(汗)を吸収すると、その吸熱特性により生地温度が下がり、冷感を付与します。 また、風をうけることにより冷感をさらに強く感じることができます。触った時の冷感だけでなく、汗をかくことで冷感が“持続”するため、真夏の作業やスポーツ等での暑さ対策としておすすめ。フリーズテックは、厳しい製品検査や耐洗濯性試験などを実施し、耐久性・品質にも徹底的にこだわって開発しています。

■フリーズテックの活用シーン
独自の特殊冷感プリントを施したフリーズテックは、様々なシーンで活用いただけます。建築関係や工事現場の方などのブルーワーカーはもちろん、室内で作業をする事務職員の職場環境をサポートするアイテムとしても活用が期待できます。
また屋内外問わず汗をかくスポーツ時や、普段の生活の中でも不快感の軽減や暑さ対策の一つとして活用いただけます。
[画像8: https://prtimes.jp/i/77697/5/resize/d77697-5-9d9c08c06b45c516e1b7-16.png ]

■フリーズテック商品(一部抜粋)
〈PERFORMANCE LINE〉冷却シャツ 長袖クルーネック
スポーツやアクティブシーンに最適。
着心地をより快適にするため縫製方法にフラットシーマを採用。
アンダーレイヤーとしても活躍するクーリング高機能ライトコンプレッションレイヤー。
WHITE/BLACK/LIGHT GRAY: ¥ 6,380 (税込)
[画像9: https://prtimes.jp/i/77697/5/resize/d77697-5-32af6a8892cb91d3aa9e-9.png ]

〈LIFESTYLE LINE〉冷却シャツ 半袖Vネック
軽くてソフトな肌触り。1枚着でも着やすいレギュラーシルエット。
薄い素材のため、インナーとしても重宝する。Vネックタイプ。
WHITE/BLACK/LIGHT GRAY: ¥ 4,730(税込
[画像10: https://prtimes.jp/i/77697/5/resize/d77697-5-e2a9054944c3f34ada0e-10.png ]

〈OTHERS〉氷撃マスク
接触冷感生地を上回る ひんやり冷感+消臭が持続する(※4)氷撃マスク。
炎天下での運動時や外での作業時などに最適。
XXS/XS/S/M/L:¥ 999 (税込) ※4:[冷感が持続]冷感プリントが水分に反応している間
〈フリーズテックブランドサイト〉 https://lidef.jp/freezetech/
[画像11: https://prtimes.jp/i/77697/5/resize/d77697-5-fbabdd2eacbc29680995-11.jpg ]




株式会社リベルタについて

『喜びを企画して世の中を面白くする』という理念のもと、物を得る喜びではなく、その物を得ることで得られる「ココロの喜び」を創造します。 削らない角質ケア「Baby Foot」、恋するハミガキ「DENTISTE’」、目に見えて効果がわかる洗濯槽クリーナー「カビトルネード」、スイス製ミリタリーウォッチ「Luminox」、明日を見るボディメイク食品「アスミール」など、機能衣料事業をはじめ、美容・家庭日用品・腕時計・加工食品など幅広いジャンルの商品・サービスの企画開発・販売をしています。リベルタは、常識にとらわれない自由な発想で、商品を総合的にプロデュースするのが得意な会社です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング