1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

第12回「岩谷時子賞」 授賞式開催 岩谷時子賞は俳優 市村正親 様

PR TIMES / 2023年11月27日 18時15分

◆岩谷時子賞 特別賞 渡辺貞夫 様(音楽家)  ◆岩谷時子賞 奨励賞 知念里奈様(歌手・俳優)◆岩谷時子 Foundation for Youth 平石英心リチャード様(ヴァイオリニスト) 

公益財団法人岩谷時子音楽文化振興財団は、音楽や芸術の明日を担う人材や、その向上・発展に功労のあった人物・団体に授与する「岩谷時子賞」の第12回授賞式を、11月27日(月)12:00から都内で開催いたしました。
岩谷時子賞に市村正親様(俳優)、岩谷時子賞特別賞に渡辺貞夫郎様(音楽家) 、岩谷時子賞奨励賞に知念里奈 様(歌手・俳優)、岩谷時子 Foundation for Youth」に平石英心リチャード様(ヴァイオリニスト)を選出いたしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/86492/5/resize/d86492-5-9aed914993f83252120f-0.jpg ]

受賞者は、それぞれ以下の様に喜びのお気持ちを語りました。

市村正親 様


「岩谷先生の訳詞でこれだけミュージカルをやっているのは自称私一人だけだと思っております。お時さんと出会って50年、僕の俳優生活も50年です。また来年からはこの賞を励みに、死ぬまで頑張っていきたいと思っております。」

渡辺貞夫 様


「岩谷さんの作品の数々は私たち日本人への贈り物であり、私もそれを受け取った一人です。その岩谷さんの賞を頂くことを光栄に思います。」

知念里奈 様


「大変感激しております。言霊という言葉がありますが、まさに役を演じながら発してきた言葉たちに慰められ、鼓舞され、導かれ、人生を進めてこられたと思っています。これからも周りへの感謝の思いと共に、この賞に恥じぬように精進して参ります。」

平石英心リチャード (ひらいしえいしん)様


「この度は、このような素晴らしい賞を頂くことができて、大変嬉しく思っています。今までサポートしていただいた方に感謝します。これから更に上達するために、音楽に力を入れて頑張ります。」


 受賞後、市村正親様はミュージカル『スクルージ』より「I’ll begin again」と「 Thank you very much」をメドレーで、知念里奈様はミュージカル『ラ・ミゼラブル』より「夢やぶれて」を歌唱、平石英心リチャード様は「マスネ タイスの瞑想曲」を演奏しました。

尚、本日の授賞式の模様は、本日11月27日(月)~12月9日(土)24時迄の期間限定でアーカイブ配信を行います。(無料:一般の方もご覧いただけます。)
アーカイブ配信サイト:カーテンコール URL:https://curtaincall.media/

■ 岩谷時子賞 これまでの受賞者一覧
[画像2: https://prtimes.jp/i/86492/5/resize/d86492-5-794661126ae8d0e90e61-1.jpg ]

<岩谷時子賞について>


 日本の音楽や芸術の発展・振興に寄与することを目的とし、2009年に設立した岩谷時子音楽文化振興財団が、
2010年「岩谷時子賞」を制定いたしました。日本を代表する作詞家の一人・岩谷時子は、1950年代に作詞家
としてのキャリアをスタートさせ、これまで数々のヒット曲を世に送り出してきました。また多くの名作ミュージカルの訳詞も手掛け、日本におけるミュージカル隆盛の一助を担い、2009年秋には文化功労者として栄誉を賜りました。「岩谷時子賞」は、音楽・演劇界の明日を担う人材や、その向上・発展に功績のあった人物・団体に授与するものです。また、「岩谷時子 Foundation for Youth」は、音楽・芸術を志す個人・団体に対する奨学金の給付、人材育成に関する助成事業の一環として、第2回岩谷時子賞より新たに設けられた制度です。
<岩谷時子について>


大正6年生まれ。昭和27年に越路吹雪の「愛の讃歌」で戦後初の女性作詞家としてデビュー。
女性作詞家の草分け的存在。加山雄三の「君といつまでも」、沢たまきの「ベッドで煙草を吸わないで」、郷ひろみの「男の子女の子」など多数のヒット曲を生み出すと共に、「レ・ミゼラブル」「ミス・サイゴン」など多くのミュージカル訳詞を手掛けた。晩年に、音楽や芸術の発展・振興に寄与するべく、公益財団法人 岩谷時子音楽文化振興財団を設立した。
[画像3: https://prtimes.jp/i/86492/5/resize/d86492-5-f3e993061c7052141ffa-2.png ]

<公益財団法人 岩谷時子音楽文化振興財団 概要> 


・設立日  2009年7月7日
・設立目的 音楽文化の向上・普及のために、その活動において功労のあった人物・団体に栄誉をあたえる
      とともに、奨励・助成を行い、わが国の音楽や芸術の発展・振興に寄与することを目的とします。
・代表理事   小林 哲        
・ホームページ  https://iwatanitokiko.org





企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください