1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

一般社団法人Foraと株式会社Z会ソリューションズ、経済産業省EdTech導入補助金2021に採択決定

PR TIMES / 2021年9月30日 18時45分

~生徒が学び合う姿勢を高めながら、探究活動の成果の可視化や多面的な評価が可能に~

一般社団法人Fora(本社:東京都中央区、代表理事:藤村 琢己、以下 Fora)および株式会社Z会ソリューションズ(本社:静岡県三島市、代表取締役社長:網野 聡一、以下 Z会ソリューションズ)は、コンソーシアムを構成し、経済産業省が実施する令和2年度3次補正学びと社会の連携促進事業(先端的教育ソフトウェア導入実証事業)費補助金、以下 (EdTech導入補助金2021)に採択されました。



3自治体4校の中高生約1000名に対し、非認知能力可視化・育成プログラム「DiscoveRe Method(R)(ディス カバリー メソッド)」(※1)と、Foraが提供する探究学習プラットフォーム「ラーニングアシスト」が導入されます。
※1 「DiscoveRe Method(R)」は、株式会社Z会およびSpace BD株式会社の登録商標です。

受託したEdTech導入補助金2021の概要
教育現場においては2022年度より高等学校で「総合的な探究の時間」が必修化するほか、「理数探究基礎」「理 数探究」など、学校において課題発見・解決学習やプロジェクトベースドラーニング(PBL) (※2) に取り組むこととなります。変化の激しい社会に対応するために、探究的な見方・考え方を働かせ、横断的・総合的な学習を行うことを通して、よりよい課題の解決方法を検討する。そして、自己の生き方を考えていくための資質・能力を育成することが目標です。
※2 プロジェクトベースドラーニング : 経済産業省「STEAM Library」HPでは、「プロジェクトを遂行する中で、自ら問題や新しい視点を発見し解決・実施する能力を養うことを目的とした学習方法」と定義されています。

今回のコンソーシアム事業では、まず、「ラーニングアシスト」により提供される探究活動のスタートアップに最適な「導入編」により、生徒同士の話し合いの技法を身につけ、生徒同士の学び合いを促進します。そのうえで効果的に探究活動を進め、「DiscoveRe Method(R)」でその学びを自分に落とし込んでいく、新しい学習体験を提供します。身につけた能力を、探究学習だけでなく日常生活のあらゆる場面で生かし、振り返りを行いながら自律的に成長する人材の育成に貢献できる学習プログラムです。

導入校 (五十音順)


大阪府池田市立北豊島中学校
大阪府池田市立ほそごう学園
岡山県立玉野高等学校
東京都立大泉高等学校附属中学校



[画像1: https://prtimes.jp/i/87341/5/resize/d87341-5-35abefaa080f89d55fab-4.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/87341/5/resize/d87341-5-fcdc99494f3c413438df-3.png ]



EdTech導入補助金2021について
EdTech導入補助金2021は、ソフトウェアやITを活用した教育サービスを保有し、学校等へ導入・実験を行う事業 者に対して、費用の一部を補助する制度で、経済産業省が採択を行います。EdTechの導入により、よりよい学校 ・学習環境づくりが促進されることを目的としています。
公式HP : https://www.edt-hojo.jp/


DiscoveRe Method(R)について
DiscoveRe Method(R)は、これからの社会で求められる自己管理能力やコミュニケーション能力などの非認知能力を可視化し、振り返りを通して生徒の主体的な行動変容を促す、診断および振り返りのプログラムです。診断は 「セルフチェック」「スキルチェック」の2つから成っています。「セルフチェック」とはアンケート形式の自己 評価、「スキルチェック」はテスト形式の客観評価であり、これまで開発が難しかった非認知能力を診断できる非常に画期的なツールです。
この度開発したWebシステムでは、診断の受検から結果の確認、振り返りの記入までを完結することができます。 本プログラムは宇宙飛行士の訓練ノウハウを応用しており、宇宙航空研究開発機構(JAXA)のサポートのもと、 Space BD株式会社と共同で開発しました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/87341/5/resize/d87341-5-5cf3e95d5b7bd7f074d2-2.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/87341/5/resize/d87341-5-2ea54a832bf63a466eda-1.png ]

公式HP : https://www.zkai.co.jp/solutions/teacher/discovere_method/


ラーニングアシストについて
ラーニングアシストは、事業者や教育機関向けに開発・デザインされたモバイルラーニングプラットフォームを活用し、学校教育向けに授業コンテンツの提供を行うサービスです。学習者はiOSアプリ / Androidアプリ / Webアプリのマルチデバイス上で学習でき、短編動画、ワークシート、確認テストを組み合わせることで、効率化・個別最適化された学びを受けることができます。また、授業内で活用することで学校教員の負担軽減にもつなげます。 ラーニングアシストの管理者は、Webブラウザ上で幅広い管理機能が利用可能なほか、本事業では管理者の先生方 への手厚いサポートの一環として、年間授業計画の策定や各種探究学習発表会等での講評など、学校全体の探究学習推進も見据えたサポートを提供します。

[画像5: https://prtimes.jp/i/87341/5/resize/d87341-5-dc3c6bfca19e39c4d935-6.png ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/87341/5/resize/d87341-5-d5cb0a4c6c18bf1569a7-0.png ]

公式HP : https://fora.or.jp/school/learning-assist/


Z会ソリューションズについて
株式会社Z会ソリューションズは、Z会グループ(通信教育サービスを提供する株式会社Z会をはじめ、塾、出版 ・学校向けサービス・アセスメント等の事業を通じ、幼児から社会人までの幅広い年齢層を対象に教育サービスを展開する、総合教育グループです)において各種教育機関に教育ソリューションをご提案・ご提供し、様々な課題 解決に貢献すると共に、そこで学ぶ人たちの主体的な学びをサポートしている事業会社です。

一般社団法人Foraについて
一般社団法人Foraは、中学校や高校を対象に「生徒の学び続ける意欲と能力を高めること」を教育目標におき、5 0校超の学校に対して、探究学習プログラムやキャリア教育を実施しています。これまで3万人を超える高校生にプログラム提供や企業等との高校生向けのワークショップ新規開発、学校教育へのコンサルティングなどを行ってい ます。とりわけ、2022年から本格的に導入される探究学習の実施に先駆け、2018年から先行支援を行なっており 、本格化する探究学習に向けたカリキュラム検討、教材提供、授業実施等の支援を行っています。

<本リリースに関するお問い合わせ>
株式会社Z会ソリューションズ
事業開発室(担当:瀬戸、與口)
Mail : zs_jigyokaihatsu@ml.zkai.co.jp
TEL : 03-5296-2830

一般社団法人Fora
キャリアゼミ統括部(担当:伊藤)
Mail : ito@fora.or.jp
TEL : 03-6822-4100

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング