新製品「Apresia12000シリーズ」を開発 ―通信事業者向けイーサネットスイッチのラインアップ強化―

PR TIMES / 2013年2月4日 13時56分



日立電線株式会社は、このたびMACカプセル化通信技術*1に対応した1Uボックス型(高さ43.8mm)の通信事業者向けイーサネット*2スイッチ「Apresia12000シリーズ*3」を開発しましたので、お知らせします。2013年3月に国内市場向けより販売を開始する予定です。

スマートフォンやタブレット端末などの携帯端末によるデータ通信の急激な増加により、携帯端末とデータセンター間の高速データ通信が必要となっております。それに伴い、携帯通信事業者においてLTE*4のモバイルバックホールのトラヒック量は急増し大容量のネットワーク増強が急務となってきています。
これまで、当社では広域イーサネット網及びモバイルバックホール向けにApresia18000/16000/8000/6000シリーズを開発し、通信ネットワークの特性にあわせた柔軟な機能開発と製品の高い信頼性によって、主に国内の通信事業者にご採用いただいております。

これらの実績を積み重ねる中、国内の通信事業者から小型で大容量の通信が行えるネットワークスイッチへのニーズが明らかとなり、その要望にこたえるため、このたび当社は、MACカプセル化通信技術に対応した1Uボックス型の通信事業者向けイーサネットスイッチ「Apresia12000シリーズ」を開発いたしました。
Apresia12000シリーズは、ネットワーク遠隔保守・管理機能Ethernet OAM*5やMACカプセル化通信技術(PBB*6、EoE*7)を備えており、通信事業者の要求仕様に応えることが可能です。当社独自のL2イーサネットリングプロトコルで障害時の高速切り替えが可能な機能MMRP2*8に加え、ハードウェア制御によりさらなる高速切り替え(50ミリ秒以内)が可能なリング型冗長化機能FCRP*9を搭載しており、障害が発生した場合においても、ネットワークを高速に復旧し、ネットワーク全体への影響を最小限に抑えることが可能です。また、低消費電力(当社従来機種比較)を実現しているほか、RoHS*10へも対応しており環境面にも配慮しております。 
今般、Apresia12000シリーズが新たにラインアップに加わることにより、国内の通信事業者のみならず、海外の通信事業者の広域イーサネット網やモバイルバックホールへのAPRESIAの採用が期待されます。

これからも当社では、APRESIAシリーズのラインアップを拡充することで、イーサネットスイッチ市場での当社のプレゼンスを向上させ、APRESIAシリーズのさらなる売上げの拡大を図ってまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング