神奈川県大和市を拠点に 日本の優れた開発力の支援を強化

PR TIMES / 2012年4月19日 14時17分

射出成形および切削加工による樹脂や金属パーツの試作や小ロット生産を短納期で受託するプロトラブズ合同会社(神奈川県大和市:社長 トーマス・パン)は、国内での需要増に対応するため、このたび本社および工場を神奈川県大和市に稼働させ、生産体制を2倍以上に増強し、雇用も現在の40名から100名程度まで増加することを発表しました。このことにより、世界的に認知されている日本の優れた開発力の支援を強化します。

プロトラブズは、米国Proto Labs, Inc.100%出資により2009年に事業を開始しました。最先端のITを駆使した短納期システムにより、従来のモノづくりでは不可欠であった訪問による対面打ち合わせを不要とし、インターネットと電話で完結するProtomold射出成形および、Firstcut切削加工の受託製造サービスを神奈川から日本全国に提供しています。

利用者はカスタムパーツの3D CADデータをインターネットを介してアップロードすることで、平均4時間以内(2011年実績)にその製造性を解析した図解付きの見積りを入手でき、メールや電話による打ち合わせだけでも安心して発注できます。発注後も短納期システムにより、すばやく製造・発送しますので、短縮できた時間を製品開発のさらなる向上につなげることができることや、お互いの立地を気にする必要がないなどのメリットにより、日本全国に利用者が増えています。インターネットの利用が定着していることと、3D CADの普及も好調の背景にあります。

プロトラブズでは、「プロトラブズ モノづくり加速セミナー」を国内各地で定期的に無料開催し、有識者による特別講演および、支援プロセスをライブデモや事例を交えて紹介し、従来とは異なるモノづくりの展開を提案しています。2012年は、下記3カ所で開催します。
詳細と参加申し込み: http://www.protolabs.co.jp/seminars.aspx
- 2012年5月18日(金): 新横浜
- 2012年9月14日(金): 浜松
- 2012年10月18日(金): 新大阪

プロトラブズについて
プロトラブズはITを駆使した短納期を特長とする、切削加工および射出成形によるパーツの試作や小ロット生産を受託する会社です。製品開発者に本物のパーツを、驚きの早さで届けています。米国ミネソタ州の本社、ヨーロッパと日本で二つの短納期サービス、Firstcut切削加工(www.firstcut-cnc.jp ) および、Protomold射出成形(www.protomold.jp ) を提供しています。両サービスとも最短1日で製造が行えます。設計者は試作や小ロット生産などのために自らがプロトラブズのサービスを利用することができ、3D CADファイルをアップロードして見積りを請求すると、24時間以内にオンライン対話式見積りを取得して発注することができます。プロトラブズに関する詳細は、www.protolabs.co.jp でご確認いただけます。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング