【新社会人のプレッシャーに関する意識調査】配慮のつもりの上司の一言が新入社員にはプレッシャーに!? 新社会人のため、自分の位置からトイレを検索できるスマートフォンアプリ『@トイレ』4月から拡充 

PR TIMES / 2012年4月11日 11時44分



****************************************************
【新社会人のプレッシャーに関する意識調査】

配慮のつもりの上司の一言が新入社員にはプレッシャーに!?
新入社員時代にプレッシャーを感じた心に重くのしかかる上司の言葉
1位「言っている意味わかる?」
2位「そんなこともわからないのか」
3位「期待しているよ」

~そんなプレッシャーと戦う新社会人のために~
自分の位置からトイレを検索できるスマートフォンのアプリ『@トイレ』
トイレの位置情報を4月より大幅に拡充
**********************************************************

『ストッパ』新社会人応援プロジェクト(ライオン株式会社)は、新社会人にとって何がプレッシャーで、どのように解消したかについて、社会人2年目の男女500名に調査を実施しました。
<調査概要> 
・調査期間:2012年3月30日(金)~4月2日(日)
・調査方法:web調査 n=500(社会人2年目の20代男女500名)

1.調査結果の概要
■上司の配慮が新入社員には逆にプレッシャー!?
新入社員時代(入社1年未満)にプレッシャーを感じた上司からの言葉は、1位「言っている意味わかる?(35.2%)」、2位「そんなこともわからないのか」3位「期待しているよ」でした(図1)。上司が部下に対する配慮のつもりでかけた言葉が、新入社員には逆にプレッシャーと感じられることもあるようです。

■上司からのプレッシャーによる体調不良。3人に2人が「ストレス性胃痛・腹痛」を感じていた!
新人時代に感じた、上司からのストレスやプレッシャーによる体調不良で最も多かったものは「下痢・胃痛・腹痛(64.2%)」であり、体調不良を訴える人の3人に2人が感じている症状であることがわかりました。次いで「頭痛」「肩こりなどの体のコリ」があげられました(図2)。

■新入社員のプレッシャー解消方法は「トイレで1人の時間・空間を作ること」
プレッシャーの解消法として、4人に1人が「トイレで1人の時間を作る(26.6%)」と回答しました(図3)。トイレ本来の使用方法以外に「1人の時間を作るため」に利用する人も少なくなく、誰の目も気にする事のない1人だけの空間を得ることで、プレッシャーから上手に心を開放する手立てになっているようです。中には「ご飯を食べる」と回答した人もいました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング