日本のスマホ利用動向:4人にひとりはスマホユーザーに   スマホユーザー、2012年は43%の伸び

PR TIMES / 2012年8月21日 16時43分



2/3近くのスマホユーザーはアンドロイドOSを使用

2012年8月21日 -コムスコア・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 西谷大蔵、以下コムスコア)は本日、携帯電話の包括調査データベースの 「モビレンズ( comScore MobiLens)」を通じて分析した、日本における携帯電話利用者の最新状況に関する2012年6月までの3ヶ月平均のレポートをリリースしました。この調査は携帯電話契約者5000人以上を対象にした毎月頻度の調査です。調査によると、日本における携帯電話端末メーカー別のシェアは22.6%でシャープがトップとなっています。スマートフォンのプラットフォームのシェアはGoogle社のアンドロイドOSが64.1%で過半数を占め、その後にアップル社が32.3%と続いております。

端末メーカー別シェアでは依然としてシャープが首位

2012年6月までの3ヶ月平均データによると、スマートフォン/非スマートフォン双方を含めた13歳以上の携帯電話利用者数(複数の携帯電話利用の重複者排除)は約1億270万人でした。端末メーカー別で見ると、首位はシャープで全利用者のうち22.6%が使用しており、2位は13.6%でパナソニック、3位は11.8%の富士通、4位はNECの8.9%で、5位には7.9%でソニーがランクインしました。

携帯電話製造トップ
2012年3月までの3ヶ月平均 対 2012年6月までの3ヶ月平均
日本全体の携帯電話契約者(スマートフォン/非スマートフォン利用の13歳以上)
出展:コムスコア「モビレンズ」
携帯電話契約者のシェア(%)
12年3月 12年6月 変化率
全利用者 100.0% 100.0% -
シャープ 23.4% 22.6% -0.8
パナソニック 13.8% 13.6% -0.2
富士通 11.9% 11.8% -0.1
NEC 9.5% 8.9% -0.6
ソニー 7.2% 7.9% 0.7


日本のスマートフォン市場ではアンドロイドが主流

2012年6月までの3ヶ月平均データによると、日本では全携帯電話利用者の23.5%にあたる2400万人以上がスマートフォンを利用しており、2011年の年末に比べて43%増加しています。スマホ市場におけるアンドロイドのシェアは64.1%(同年3月比+1.9%)で、アップルは32.3%で2位につけ、3.2%でマイクロソフトが3位となりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング