女性の2月の関心事;「お肌の乾燥」は「バレンタインデー」よりも重要! キレイが気になる女性のための“実感”イベント『しわしみ研究所』開催

PR TIMES / 2012年1月25日 19時59分



株式会社 再春館製薬所(本社:熊本県上益城郡益城町寺中1363-1、代表取締役社長:西川正明 以下、再春館製薬所)は、2012年2月2日(木)~5日(日)、プランタン銀座(東京都中央区)本館1Fのイベントスペース「ル・パサージュ」において、女性のための “実感”イベント『しわしみ研究所』を開催します。対面型のイベントとしては、再春館製薬所では初めての単独開催となります。
同イベントでは、アンケートご回答者に人気スイーツブランド「irina(イリナ)」が考案し、年齢化粧品「ドモホルンリンクル」の原料をモチーフにしたオリジナルスイーツ、「ドモロールケーキ」を1日250食限定で提供するほか、再春館製薬所の日頃の取り組みや研究結果をパネルで多数展示するなど、ご来場者にさまざまな形で、お肌への関心を一層高めていただくコンテンツを用意します。 
また、『しわしみ研究所』の開催にあたり、30~79歳の女性500名に対し、「お肌の乾燥に関する意識調査」を実施しました。調査によると、この時期、女性はバレンタインデーよりもご自身のお肌や体調の方に関心があることが明らかになりました。『しわしみ研究所』ではこうした女性たちの関心に応えるきっかけとなることも目的としています。
再春館製薬所では漢方の理念のもと、「ドモホルンリンクル」とともに年齢肌研究を続け、38年目を迎えました。今後もお肌に関する “ 気付き ” や “ 実感 ” の得られる機会を創出し、女性が自分らしく、美しくあり続けることを応援してまいります。

『しわしみ研究所』特設ページ
調査概要:http://www.saishunkan.co.jp/domohorn/promotion/siwasimilab/survey.html
イベント概要:http://www.saishunkan.co.jp/domohorn/promotion/siwasimilab/event.html

■意識調査報告(1) 2月の女性の関心事、「バレンタイン」よりも「お肌の乾燥」

「あなたのお肌は乾燥していますか?」を聞いたところ、18%が「いつも乾燥している」、67%が「季節や日によって乾燥している」と答え、合計85%の女性が「お肌の乾燥の自覚がある」ことがわかりました。
「最もお肌の乾燥を感じる時期」としては、「1~2月」が67%で最多となり、今の季節はとくに「お肌の乾燥」に注意が向けられているようです。
そこで、「バレンタイン」などの関心事と比べ、「お肌の乾燥」が女性にとってどの程度気になるものなのかを調査。「2月に気になるものは何ですか?」の質問では、1位となったのは「冷え・寒さ」で72%。その次に多かったのが「お肌の乾燥」で62%。「風邪・インフルエンザ」(58%)、「バレンタイン」(23%)を上回る結果となりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング