Zippo(R)Japan公式Twitter プレゼントキャンペーンのお知らせ 父の日ギフトや、お部屋のディスプレイにおすすめの「1941レプリカモデル」

PR TIMES / 2012年5月18日 15時41分



風に強いライターのメーカーとして世界的に知られるZippo Manufacturing Company(本社:米国ペンシルバニア州ブラッドフォード、以下 Zippo社)は、落ち着いたデザインが人気の1941レプリカが当たるプレゼントキャンペーンを実施します。5月29日から、Zippo Japan公式Twitter(https://twitter.com/#!/zippojapan)にて開始予定です。

1941レプリカ(品番:41G-GO2、税込 8,400円)は、高級感を求める方におすすめ。美しいアラベスクデザインの彫込み(エッチング)がゴールドのカラーとマッチし、レギュラーモデルに比べ、角部分が丸みを帯びた1941レプリカモデルを使用しておりますので、手に持った際の質感に特徴があります。部屋のディスプレイとしても、父の日のプレゼントとしてもおすすめです。

某有名テレビドラマのスタイリストとして活躍されているお二人に、Zippoライターの活用場面についてお伺いしたところ、有名俳優の衣装を担当するスタイリストの方は、「キャンプにいってBBQなどを良くするのですが、火をつける際にZippoライターを使う事自体が、ビジュアル面でも、男性のクールなライフスタイル感を女性に見せられると思います。正直100円ライターだとカッコはつかない。愛用しているZippoライターのデザイン は自分のイメージにもあっているためか、職場のスタジオ内でも、自分のものだとすぐに分かってもらえます。また、初めての現場では、話のきっかけになることも」とお話しいただきました。

また、多数のテレビ番組やドラマを担当するスタイリストの方からは、「夜の撮影現場の移動は、想像以上に暗い場所を通ることが多いです。その際に、Zippoライターで女性の足元を照らしてあげることもあります。家では、ブレーカーが落ちた際などの緊急時に使用したりしますよ。部屋のディスプレイと化していたコレクションたちは、いざという時に役立つ、タバコをやめても重宝するモテアイテムです」と活用場面についてコメントいただきました。

Zippoライターは、自分のライフスタイルを演出するツールや、ギフトにも最適。送る相手のイメージに合ったモデルをお選びいただけます。また、部屋のディスプレイとして、緊急用のアイテムとして、様々な場面でご活用ください。



Zippo Manufacturing Companyについて
1932年にアメリカで創業して以来、今年で創業80周年を迎えるZippo(ジッポー)は、日本を含む世界約160カ国で販売されており、世界で認知されているブランドの1つとなっています。また、本社のあるブラッドフォードでは、5億個にちかいライターが製造されてきました。創業時から無料生涯保証をお約束しており、ライターの機能的な故障に対して、その状態、使用年数を問わず無料で修理しています。また、ライターアクセサリー、キャンドルライター、時計、フレグランスといったメンズライフスタイルのアイテムをはじめ、アウトドア愛好者向けにもキャンプファイヤーなどにも利用できるアイテムを提供しています。Zippo社は同じくブラッドフォードにあるW.R. Case&Sons Cutlery Companyを所有しています。

詳細は、Zippo Japan 公式ウェブサイト(http://www.zippo-japan.com/)、および
Zippo Japan 公式Twitter(https://twitter.com/#!/zippojapan)、Zippo Facebookファンページ(https://www.facebook.com/Zippo)をご覧ください。


<本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先>
ウェーバー・シャンドウィック・ワールドワイド株式会社 SLAMチーム
担当:北方・岡田 Tel:03-5427-7360

<お客様からのお問合せ先>
Zippo正規輸入代理店 マルカイコーポレーション株式会社
Tel:06-6443-0072



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング