消化態栄養の流動食「ペプタメン スタンダード」9月21日(金)発売

PR TIMES / 2012年9月20日 9時58分



2012年9月20日


消化態栄養の流動食
胃内滞留時間が短く、消化吸収されやすい「乳清ペプチド」使用
「ペプタメン スタンダード バニラ風味 200ml」 9月21日(金)発売
ご自宅での栄養ケアをサポートする、ネスレの通信販売で展開


ネスレ日本株式会社(本社:神戸市、代表取締役 社長 兼 CEO:高岡 浩三)は、
消化吸収されやすい「乳清ペプチド」などの各種栄養素をバランスよく配合した、
消化態栄養の流動食「ペプタメン スタンダード バニラ風味 200ml」を、ご自宅
での栄養ケアをサポートするネスレの通信販売「ネスレ ヘルスサイエンス ハート
フルケア プログラム」にて2012年9月21日(金)に発売します。

ネスレの主要事業の一つ「ネスレ ヘルスサイエンス カンパニー」は、栄養補助食品
(医療機関、介護施設ならびに在宅介護向け栄養食品)を提供、患者さまやヘルスケアに
関わる専門家のさまざまなニーズにお応えしています。「ペプタメン スタンダード」は
その取扱製品のひとつです。
海外において、「ペプタメン」ブランドは、シリーズとして幅広い製品がラインアップ
されており、20年以上の販売実績と、50以上の症例報告があります。
この「ペプタメン スタンダード バニラ風味 200ml」は、日本で2012年3月に医療
機関・介護施設向けとして発売以来、病院・施設を中心とした多くの皆さまにご愛用いた
だいてきました。このたび、病院・施設からご自宅に戻られた方など、より多くの方々に
手軽にお使いいただけるよう、ネスレの通信販売においても取扱を開始します。


「ペプタメン スタンダード バニラ風味 200ml」製品特徴
消化態栄養による早期から中長期の栄養管理をサポート
乳清ペプチド
胃内滞留時間が短く、消化吸収されやすい
中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)配合
速やかに消化吸収され、エネルギーになりやすい
1日900kcalの摂取で「日本人の食事摂取基準」*1の
主要なビタミン・ミネラルに準拠
*1:厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2010年版)70才以上男性、女性
1.5kcal/ml の高濃度
少量で高エネルギーを摂取可能
水分負荷を低減


消化態栄養の流動食について
一般的に濃厚流動食は、たんぱく質(窒素源)の分解の程度で、
半消化態栄養、消化態栄養、成分栄養の3種類に分類されます。
市販の濃厚流動食の多くは、半消化態栄養であり、消化の過程が必要な
“たんぱく質”が配合されています。
消化態栄養は消化の過程がほとんど不要な“ペプチド(たんぱく質の分解物)”が配合
されています。したがって、消化吸収能の低下している場合にも使用可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング