ドコモ・イノベーションベンチャーズなどを引受先とする 総額1億1340万円の第三者割当増資を実施

PR TIMES / 2013年4月3日 12時41分

株式会社レピカ(本社:東京都港区、代表取締社長:岩井陽介、URL:http://www.repica.jp 以下当社)は、株式会社ドコモ・イノベーションベンチャーズ(代表取締役社長:吉澤 和弘、以下DIV)が運営する「ドコモ・イノベーションファンド投資事業組合、以下DIファンド」を引受先として、総額1億1340万円の第三者割当増資を実施しましたことをここに発表いたします。


■増資の目的
当社は、企業向けに顧客管理、ポイントカード・電子マネー、会員向けメール配信システムを提供しており、それらを統合したCRMプラットフォーム「ポイントプラス」は全国の大型ショッピングセンター、大手ファストフードチェーン等に数多くの導入しております。
また、子会社のアララ株式会社は、プラットフォーム型ARアプリケーション「ARAPPLI」、「アプリソムリエ」等、各種スマートフォンサービスを提供しております。

一方、DIVは、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下ドコモ)が、NTTインベストメント・パートナーズ株式会社(以下NTT-IP)の全株式を日本電信電話株式会社(以下NTT)より譲受け、NTTグループを代表してベンチャー企業との連携強化、投資等を行うために2013年2月に新たに設立されたファンド運営会社です。

また、DIファンドは、DIVが設立した運用総額100億円のファンドで、当社への出資は本ファンドの出資第1号案件となります。

当社は、この度の増資によりドコモとの事業連携を更に強化してまいります。

また、今回調達した資金は、決済・ポイントサービスのスマートフォン連携の強化、ARをはじめとするスマートフォンサービスへの開発投資及びそれらサービスの世界市場に向けての展開資金として活用する予定です。


<株式会社ドコモ・イノベーションベンチャーズ 会社概要>
会 社 名 :株式会社ドコモ・イノベーションベンチャーズ
(NTTよりNTT-IP株式取得後に、NTTインベストメント・パートナーズ株式会社から社名変更)
設   立 :2013年2月
資 本 金 :50百万円(ドコモ100%出資)
代表取締役社長 :吉澤 和弘(非常勤:ドコモ取締役常務執行役員 経営企画部長)
事業内容 :・DIファンド並びにNTT-IPファンドの業務執行
・起業支援プログラム「ドコモ・イノベーションビレッジ」の運営等、

<ドコモ・イノベーションファンド投資事業組合 概要>
ファンド名称 :ドコモ・イノベーションファンド投資事業組合
設立時期 :2013年2月
運用総額 :100億円
運用期間 :10年
投資対象 :・有望なサービスや技術を保有するベンチャー企業
・ドコモ・イノベーションビレッジ発のスタートアップ企業等

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング