60名のCGクリエイターが、新CGスタジオに集結

PR TIMES / 2012年1月26日 16時27分



 アマナグループにおいて広告ビジュアル制作事業を手がける株式会社アマナ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:深作一夫、以下アマナ)は、このたび、天王洲スタジオを大幅にリニューアルしました。新しいCGスタジオに、60名のCGクリエイターが集結し、最先端のデジタルクリエイティブと、若手クリエイターを育成する環境を整えました。

 昨今、企業と消費者とのコミュニケーションには、最新のデジタルデバイスや高速インターネット回線など、ますます進化するメディアやインフラを活用したビジュアルコミュニケーションが不可欠です。こうしたなか、国や地域、メディアを問わず、写真や動画などのあらゆるビジュアルコンテンツをシームレスに活用できる制作技術と表現力が求められています。
 このような背景において、アマナは、CGを活用したビジュアル制作の効率化と品質向上への取り組みを、より一層強化します。今回は、写真・動画制作のプレゼンテーションに対応する6室の「パフォーマンスルーム」や、品質チェック機能を高める校正スペースを併設するCGスタジオを新設。さらに、分散していたロケーションの子会社に所属するCGクリエイター60名を集結しました。自動車、食品・飲料、化粧品など、幅広い業界の広告ビジュアル制作を行う多彩なクリエイターが、あらゆるプロフェッショナル・ニーズに、お応えすることを可能としました。
 また、若手クリエイターの育成にも注力。新しい環境では、制作を統括するCGディレクターを中心に、プロジェクトに応じた制作チームを編成します。若手クリエイターが、写真・動画のレタッチや3DCGの活用など、さまざまなノウハウを享受し、スキルアップを図ることができます。
 
 アマナは、今後、更なるビジュアル制作体制の強化やクリエイティブに役立つ技術・システムなどの開発に積極的に取り組んでまいります。これにより、「伝わる」コミュニケーションのためのビジュアル表現を追求するとともに、国内のみならず、アジアのプロフェッショナル・マーケットを視野に入れた、多様なビジュアルニーズに対応していきたいと考えています。


【アマナグループとは】
アマナグループは、株式会社アマナホールディングスを主軸に、株式会社アマナイメージズを中核会社としたストックフォト販売事業グループ、株式会社アマナを中核会社とした広告ビジュアル制作事業グループ、そして株式会社アマナインタラクティブを中核会社とした広告の企画制作事業グループの三つの事業グループとエンタテインメント映像制作を手がける株式会社ポリゴン・ピクチュアズにより構成されています。


【株式会社アマナ 会社概要】
代表者 代表取締役社長 深作一夫
所在地 東京都品川区東品川2-2-43
設立 2008年7月
資本金 9,000万円
従業員数 180名 ※2012年1月1日現在
事業内容 広告ビジュアル制作事業
URL http://amana.jp/

【株式会社アマナホールディングス 会社概要】
代表者   代表取締役社長 進藤博信
所在地   東京都品川区東品川2-2-43
設立    1979年4月
資本金   10億9,714万円
証券コード 東証マザーズ2402
売上高   119億3,137万円 ※2010年度12月期実績
従業員数 (単体)77名/(連結)796名 ※2012年1月1日現在
事業内容  広告ビジュアル制作事業・広告の企画制作事業・ストックフォト販売事業・
      エンタテインメント映像制作事業を担う企業グループの企画・管理・運営
URL     http://amanaholdings.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング