(商品情報)普及価格帯のシステムキッチンシリーズ「エクセリア ラヴィー」に「アイランドプラン」をラインアップ。その他の基本スペックも変更

PR TIMES / 2012年4月2日 9時28分



株式会社ハウステック(本社:東京都板橋区 代表取締役社長:渡辺成夫 以下:ハウステック)は、2012年4月2日(月)よりシステムキッチンの普及価格帯シリーズ「システムキッチン エクセリア ラヴィー」(System Kitchen EXCELIA Lovee以下:エクセリア ラヴィー)に普及価格帯キッチン市場ではほとんど無かった「アイランドプラン」をラインアップします。
また小間口の仕様充実、一部扉シリーズのモデルチェンジなどの仕様見直しを行い、発売以来ご評価いただいている「選ぶ・選べる」のコンセプトを強化します。

■開発の背景
キッチン空間のリフォームでは、リビングと繋がりのある大きな空間を取って、境界にキッチンを置いて仕切りとする対面レイアウトが増えています。左右前後からアプローチできるまるで舞台のような「アイランドキッチン」は、海外ブランドや中高級価格帯のキッチンシリーズが主流の憧れ的な存在でした。ハウステックではこれまで特注という形で対応していましたが、新築に加えリフォームニーズも満たす商品として、普及価格帯シリーズ「エクセリア ラヴィー」にラインアップしました。

●特長
≪1≫:普及価格帯キッチンで「アイランドプラン」
従来から対面キッチンで使用していた奥行き97cmのワークトップをベースとすることで、普及価格帯シリーズに「アイランドプラン」をラインアップしました。リビング側はハイスツールに座って食事できるように足元空間を確保するプランや、キャビネットを入れて収納スペースにするプランが可能です。キッチンの左右両サイドを分厚いメラミン製サイドパネルで化粧することで、まとまり感と重量感のあるデザインに仕立てました(注1)。

≪2≫:その他、基本スペックも変更

【主な変更箇所】
(1)リフォームやセカンドキッチンに使える「小間口の仕様充実」
180cm間口のシンクにも洗剤ポケットを装備、小さいながらも清掃性のよい「ナノテクトコーティングシンク」も選べます。食器洗浄乾燥機付きプランは、I型が195cm間口から、L型が210×165cm間口からの対応が可能になりました。

(2)SBグレード扉シリーズをモデルチェンジ「シンプルクリン」(注2)
SBグレードの扉シリーズをモデルチェンジ。表面にEBコート処理を施し、縁をエッジ材で仕上げた扉です。
お客様の支持が低かった色味を廃止、新色の「クロスピンク」に変更しました。加えて高級感がある木目調の「ウォールナット」も加えています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング