「メンタルヘルス研究会 SPM_MH Workshop 2012 in SEOUL」にて、当社社員が基調講演を行いました。

PR TIMES / 2012年9月12日 12時33分



2012年8月31日(金曜)、ソウル大学校 建設環境総合研究所で開催された「メンタルヘルス研究会 SPM_MH Workshop 2012 in SEOUL」において、日立公共システムエンジニアリング株式会社の社員が基調講演を行いました。

「メンタルヘルス研究会」とは、「一般社団法人プロジェクト・マネジメント学会」の研究会の一つです。学会員約20名からなり、プロジェクトを成功させるための「心の健康マネジメント」を研究することを目的に、2009年4月に発足しました。本研究会では、毎月1回の定例会、毎年春秋の研究発表大会のほか、2年に1回国際会議(ProMAC)で論文を発表しています。また、年に1回フォーラムを開催し、全員参加型のワークショップ「ワールドカフェ※」などを行っています。今回のフォーラムは、近年メンタルヘルスへの関心が急速に高まっている韓国で初めて開催され、実務者が抱えるメンタルヘルスの課題について情報交換を行いました。

当社経営企画部部長 前田 英行は当研究会の主査を務めており、毎月1回の定例会を主催者し、意見交換の他にメンタルヘルスを社会に役立てるための研究を行っています。また、研究発表大会などで論文を発表し、心の健康維持や、ストレスに適切に対応する技術の研究に取り組んでいます。今回のフォーラムでは、「日本のプロジェクトマネジメントにおける「メンタルヘルスの位置づけ」~プロジェクトを成功させるための前向きな心の健康マネジメント~」と題して基調講演を行い、「日本における職場のメンタルヘルスの現状」と、「国や各企業の取り組み事例」について解説しました。

※「ワールドカフェ」とは、全員参加型のワークショップのことです。まず、4~5人ずつのグループに分かれて、カフェのようなリラックスした雰囲気でテーマについて話し合い、次に、1人の「語り部」を残し、他の3名は「旅人」として席を移動して、新しいグループで会話します。参加者の頭に浮かんだ暗黙知を積極的に話し合い、他グループの考えと結びつけることで、新たな形式知・知識が創造されます。

メンタルヘルス研究会 SPM_MH Workshop 2012 in SEOUL(イベント報告)
http://www.gp.hitachi.co.jp/events/events120911.html?banner_id=nr-120912_01

■メンタルヘルス研究会 SPM_MH Workshop 2012 in SEOUL 開催概要

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング