映画字幕を語りつくす! トークイベントを開催

PR TIMES / 2014年6月2日 14時20分

~濱田岳さん主演の全編英語・日本語字幕の話題作『サケボム』公開記念~

映像翻訳家 アンゼたかしさん × 同映画エグゼクティブプロデューサー 汐巻裕子さんによるトークセッション



プロ翻訳家の育成を目的とする翻訳の専門校フェロー・アカデミー(運営会社:株式会社アメリア・ネットワーク、代表取締役社長:室田陽子)は、濱田岳さん主演、ハリウッドを拠点に活躍する新鋭、サキノジュンヤ監督の話題作『サケボム』の公開(5月24日、新宿シネマカリテ)を記念し、新宿シネマカリテにて、6月7日(土)15時30分上映回の上映後に“映画字幕を語りつくす”トークイベントを開催します。

「字幕」は海外作品を観る上で日本人にとって欠かせないものです。「字幕」は画面上に文字を重ねるので、セリフを読みながら画面を見ることになります。したがって、一目見て理解できるセリフにすることが重要になってきます。原則、話者の口が動いている間だけ字幕を表示しますので、セリフ1秒につき日本語で表現できるのは4文字というルールがあります。

映像翻訳家は、そういった制限の中、作品の種類やテンポによっても工夫を加え、セリフを作っていきます。高いスキルが必要で、まさに職人技といえるでしょう。

今回のトークショーでは、映像翻訳家 アンゼたかし氏と『サケボム』エグゼクティブプロデューサー 汐巻裕子さんに登壇いただき、「字幕」という違った視点から作品の魅力をお伝えしていきます。
フェロー・アカデミーでは、他業種とのコラボレーションにより、翻訳の奥深さと面白さを伝えるとともに、異文化コミュニケーターとしての翻訳者の認知度向上に努めていきたいと考えています。


【開催概要】
■日時:2014 年 6 月 7 日(土)15:30~17:30
■会場:新宿シネマカリテ
(住所)東京都新宿区3丁目37−12新宿NOWAビルB1F
(Webサイト)http://qualite.musashino-k.jp
■費用:一般:1,500円
■内容
15:30~ 『サケボム』上映(82分)
17:10~ 上映終了後、トークイベント(20分)

【作品情報】
映画『サケボム』公式サイト:http://sake-bomb.com

【トークイベント登壇者】
アンゼ たかし
大学卒業後、翻訳学校フェロー・アカデミーに入学。同校で矢田尚氏に師事し、29歳のときにフリーの映像翻訳家として活動を開始。近年は「ホビット」シリーズ、『ゼロ・グラビティ』(字幕)、『トータルリコール』(吹替)、「シャーロック・ホームズ」シリーズ、『ダークナイト ライジング』、『インセプション』(吹替・字幕)などの超大作も担当。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング